■そのほか車関連のネタなど

「amazonガレージ」が日本でもスタート。自分の車を登録しておけば適合パーツを簡単に探せるように

投稿日:2018/03/19 更新日:

| アマゾンが自動車パーツ販売強化? |

アマゾンが新サービス「amazonガレージ」を開始。
これはアマゾンにログインし、専用ページ内に自分の車の情報を入れておくと、そのクルマに適合したパーツの検索を簡単に行えるようになる、というもの。
まずはamazonガレージへGO!

自分の車を登録すれば適合パーツ検索が容易に

amazonガレージのページに飛ぶと一番上のような画面に。
ここで「車を登録」というボタンを押すと出てくるのが登録ページ(下の画像)になりますが、ここでは「メーカー」「車種」「年式」を入力。

amazon1

アウディTTが登録された!

amazon2

早速アマゾン「車&バイク」カテゴリ内にて「ホイール」を検索。
この状態では「アウディTT用」という絞り込みがなされておらず、画面左上の「この車で絞り込む」をクリック(複数の車を登録しておけば、ドロップダウンにて複数台分の選択肢が表示される)。

amazo3

アウディTTに装着可能なホイール一覧が表示されることに。
ただしホイール自体の登録がないのか、近接カテゴリの「タイヤ」が表示されていますね。
とりあえずはこういった感じで自分の車に適合するパーツ検索が容易に行えるという便利な機能ですが、今後は商品の登録数が増えたり精度が高まるにつれ、より有用なサービスとなるのかもしれません。

amazon4

なおアマゾンは日本でもアメリカ同様「中古車」販売、新車販売に参入したものの、いまひとつうまく進まない模様。
そこで方向性をシフトし、自動車パーツの販売を強化する方向に出たのかもしれませんね。

なお、アメリカは自動車社会ということもあって、各ポータルサイト、ショッピングサイトにおいて「自動車(Auto)」が非常に高いポジションを占めますが、日本の場合は少し事情が異なる模様。
そういった意味では今回の「amazonガレージ」も見込みが外れて尻すぼみになる可能性があるかもしれず、しかしほかのショッピングサイトやポータルでは見られないサービスだけに、ぜひ今後にわたり拡充してほしいところです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5