>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがDB11のトップレンジ「AMR」設定。+30馬力、最高速は335km/h

投稿日:

| DB11にも「AMR」設定 |

先日「うっかり」その存在を公式サイトにアップしてしまった「アストンマーティンDB11 AMR」が正式に発表。
AMR=アストンマーティン・レーシングはモータースポーツイメージ、そしてサーキットで培ったノウハウを市販モデルに落とし込んだサブブランドとなりますが、ラピードやヴァンテージに「限定モデル」として設定しているもの。※”AMG”や”M”に近い性格
今回はDB11のトップレンジとして新たに追加されたということになりますが、シャープなハンドリング、よりアグレッシブな外観が与えられています。

出力、ハンドリング、サウンドがよりレーシーに

エンジンはアストンマーティン内製の5.2リッターV12ツインターボで、出力は600馬力から630馬力へ。
これによって0-100キロ加速は3.9秒から3.7秒へと向上し、最高速度は13キロアップして時速335キロをマーク。
エキゾーストシステムも改良され、サウンドがより勇ましくなっているようですね。

aston-martin-db11-amr (7)

トランスミッションは8速ATを採用し、しかしこれはDB11 AMR専用にチューニング。
サスペンションも再設定され、ダイナミックなハンドリングを楽しめる、とされています。
なお、アストンマーティンは「マニュアル・トランスミッション推進派」であったと認識していますが、新型ヴァンテージも、そしてこのDB11 AMRも「ATのみ」であるところを見ると、顧客はMTを望んでいないのかもしれません。

aston-martin-db11-amr (8)

外観についてはこれまでのクロームパーツを「ダーククローム」に、そしてヘッドライト内部をブラックに、さらにはテールランプもスモーク仕上げとするなど、全体的に引き締まった印象へ。
ルーフやサイドストレーキはグロスブラック仕様、カーボンパーツもドアミラーなどに使用され、やはりスポーティーな印象を強めていますね。

aston-martin-db11-amr

なおDB11 AMRでは「シグニチャー・エディション(限定100台)」を選択でき、スターリンググリーンのボディカラーにライムのストライプ、そしてカーボンファイバー製のフロントスポイラーやサイドシルにもライムのピンストライプ。

aston-martin-db11-amr (6)

インテリアカラーはダークナイト・ブラック」レザーにライムのアクセント、そしてカーボンファイバーにサテンダーククロームのパーツが付与され、専用のシルプレートも。

aston-martin-db11-amr (1)

日本への導入や価格は未発表であるものの、北米でのDB11 AMRの価格は241,000ドル、とアナウンスされています。

aston-martin-db11-amr (4)

ホイールはブラック、ブレーキキャリパーも「ライム」へと変更され、相当にインパクトのある仕様ですね(ブレーキはカーボンセラミックではない)。

aston-martin-db11-amr (3)

スターリンググリーン×ライム以外のボディカラーも用意されているようですが、せかっくAMRを購入するのであれば、この「シグネチャー・エディション」を選びたくなってしまいます。

aston-martin-db11-amr (5)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5