>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタがNASCARにスープラ投入とのウワサ。見てみたい気もするが「スープラとNASCARとは相性が悪い」

投稿日:2018/06/18 更新日:

| トヨタは新型スープラをNASCARに参戦させる? |

トヨタがNASCARへと新型トヨタ・スープラを参戦させる、というウワサ。
NASCARはアメリカでは大変に人気のあるレースで、現在トヨタは「カムリ」でこれに参戦しています。
ただし「カムリ」といえども車体はレース専用にパイプフレームで組まれたもので、エンジンも全く異なるものを採用し、ただ単に「外観がカムリっぽい」というだけのもの。

NASCAR参戦用の車両は基本的にスチールパイプやスチールホイールを使用するという男気あふれるもので(そもそもチタンやカーボンなど高価な素材は使用できない)、そのあたりなんとも(草レースが大好きな)アメリカらしい、とも言えますね。※トヨタ(Gazoo Racingによるレース用カムリの紹介はこちら

NASCARとトヨタとはイメージ的にマッチしない可能性も

なおNASCARのエンジンは「OHV」、トランスミッションは4速に規定され、これはハイテク装備の採用によるコスト増加を規制しているため(そのほか、もちろん車体重量なども規制もある)。
よって「腕の差」が出やすいカテゴリだとも言えますが、もしここにスープラが参戦するとなると「V8エンジン」を搭載することに。
スープラはトヨタがすでに公開しているとおり、「直6」もそのDNAのひとつであり、これにV8を積むとなるとやや違和感も。
加えてスープラはその先進性や純粋さを追求した設計もひとつの特徴であると考えていますが、ここもNASCARとはマッチしにくいところですね。

今回のウワサはトヨタが実際に昨年スープラをNASCARに参戦させようという計画を持っていたことから出てきたようですが、おそらくは同じくNASCARに参戦するシボレー・カマロ、フォード・マスタングに対抗しようという意図があったのかもしれません。
ただしもともとトヨタは「アメリカンマッスル」というところとは全く異なる立ち位置にあるクルマですし、NASCARよりは「GT4」あたりでポルシェ・ケイマンほかと競ったほうがよりプロモーションという観点からも良さそうだ、とは思います(スープラの”ガワ”を被った別のクルマでイコールコンディションを戦うよりも、その素性の良さをアピールしたほうが良い)。

ちなみにトヨタは市販モデルのスープラを発表する前に「スープラ・レーシング・コンセプト」を公開しており、これが「Gazoo(GR)」ブランドを強く前に押し出したもの。
既報の通りトヨタはGRをプッシュしてゆく予定で、それを考慮してもやはり新型スープラのレース活動はアメリカよりも「欧州拠点」のほうが効率が良いのかもしれませんね(アメリカに”カムリ””スープラ”二台を投入する必要はない)。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5