>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリがWEBコミック公開。荒廃した地球で「フォーミュラNEW」を立ち上げ、プライドを賭け戦う

投稿日:

| フェラーリがWEBコミックに登場 |

フェラーリ(正確にはレーシングチームのスクーデリア・フェラーリ)がWEBコミック、「WE RACE」を公開中。
ストーリーとしては、荒廃した未来の地球を生き残った人々がレースに希望を見出し「フォーミュラ・ニュー(FORMULA NEW)」を立ち上げ、そこで闘いを繰り広げる、というもの。
コミックの中では「Ferrari」の名は出ませんが、メインとなるチーム名は「レーシング・レッド」、そして馬のマークがあったりと暗にフェラーリを指しているようですね。

登場するマシンはテクノロジーと世紀末感がミックスされたような感じ。
ホログラムによるディスプレイがある一方、ボディ外板はリベット留め、といった二面性を持っています。

様々なステージでレースが行われる

舞台となる地球はこんな感じ。
文明の名残を感じさせるものがあちこちには点在してはいるものの、現在の文明はすでに崩壊しているという設定。

ferrari3

コースも「即席」。
砂漠を走るステージではオフロードタイヤを装着しているようですね。
なお、コクピットは「クローズド」。

ferrari7

一方で「かつてサーキットだった」ところを走ったり。
レースはテレビ中継(RACE TV)され、お姉さんのアナウンスつき。

ferrari2

けっこうサバイバルレースのような様相も。
主人公のマシンはもちろん「レッド」、ライバルチームは「ブルー」。

ferrari6

その他には海中トンネルを走るステージや、

ferrari5

大都市を走るレースも。
そのステージにあわせてセッティングを随時変更する必要があり、「マッハGoGoGo(スピードレーサー)」のような雰囲気でもあります。

ferrari

フェラーリがこういった「コミック」に手を出すのはかなり珍しいように思いますが、人気がでるようであれば「フェラーリ・ワールド」のアトラクションとして導入される可能性もあり、様々な展開を意識しているのかもしれませんね。

フェラーリはかねてより現在のF1には不満を抱いており、「独立団体を立ち上げ、そこでレースを行うことも考えている」といった発言も過去に行っていますが、こういったストーリーを展開するあたり、やはり「独自の」レースを運営したいという思いが根幹にあるのかもしれません。

ほか、過去にプロモーションとしてコミックを用いたのメーカーとしてはホンダ、BMWの、ドゥカティが記憶に残るところ。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5