>アウディ(Audi) >その他イタリア車

イタルデザイン・ゼロウーノ第一号車が納車1年足らずで中古市場に。その細部はこうなっていた

投稿日:2018/08/11 更新日:

| ゼロウノ第一号車が納車10ヶ月で売りに出される |

日産GT-R50で一気に日本での知名度が向上したイタルデザインですが、市販車部門として「アウトモビリ・スペチアリ・イタルデザイン」を持っており、そこから2017年に5台限定で発売されたのがこの「ゼロウノ(ゼロウーノ/ZEROUNO)。
ゼロウノはイタリア語で「01」の意味ですが、「アウトモビリ・スペチアリ・イタルデザインの市販車第一号」という意味を持っています。

そして今回売りにだされているのがそのゼロウノのこれまた「一号車」。
これは以前に納車の様子が報じられており、オーナーは実業家にしてかーコレクターのスティーブン・リスモント氏とされ、開発段階からこのゼロウノに関与していた、と言われています。

つまりは自らが関わり、手に入れるのを待ち望んでいたクルマであるにもかかわらず、納車から1年も経たずにこうやって売りにだされているのはちょっと意外でもありますね。

イタルデザイン・ゼロウーノ購入第一号のオーナーがイタルデザイン訪問。テストドライブを行う

イタルデザイン・ゼロウノの外観を見てみよう

これまでもゼロウーノの外観はオフィシャルフォトや動画にて公開されているものの、さほど細部まで捉えたものはなく、よって今回James Editionが公開した画像はかなり貴重。

販売店はベルギーの「ICONIC CARS」で、その価格は「ASK」となっています(新車時の価格は2億円)。

zerouno19

リアウイングはカーボン製。
意外と大きなハイマウントストップランプが取り付けられています。

LEDテールランプ/ウインカー/バックランプはかなり特殊な形状ですね。

zerouno9

ホワイトにレッド、そしてイタリアントリコローレのアクセント。
車体そのものはアウディR8と多くを共有し、エンジン(5.2リッターV10、610馬力)やトランスミッションといったドライブトレーンもR8と同一です。

zerouno15

フロントからリアにかけてのラインはけっこう複雑。
フロントフード、リアフードはボンピンがわりのエアロキャッチが使用されています。

zerouno14

フロントフェンダーにはルーバー、ホイールにはカーボン製の整流板。
エアロキャッチといい、レーシングカーのような仕上がりですね。

zerouno11

リアディフューザーはかなり後部に突き出た形状。

zerouno10

フロントやサイド、リアにはウイングレット。
かなり複雑なデザインを持つこと、多くの部分でカーボンが使用されていることがわかります。

zerouno16

リアバンパーとリアディフューザーとの間からはリアタイヤ丸見え。

zerouno2

リアカウルは「開閉」するのではなく「取り外し」式のようですね(つまりエアロキャッチは飾りではなく、実際に機能している)。

zerouno6

サイドには大きなウイングレット。

zerouno4

大きく長く、そして上下にも深いリアディフューザー。
テールパイプも大迫力ですね。

zerouno3

イタルデザイン・ゼロウーノのインテリアを見てみよう

インテリアの雰囲気は独特ではあるものの、スイッチ類の位置などはやはりアウディR8に近いようです。
外装同様にイタリアントリコローレ、そしてレッドのアクセント、さらにカーボン。
ドアインナーハンドルは「ストラップ」で、これも外装同様にレーシングカーっぽさを感じさせるところ。

zerouno20

ステアリングホイールもアウディR8と同一(センターパッドなどは専用品)。

zerouno

ドア開口部はアウディR8に比べて狭く、これはボディ剛性を考慮した結果なのかも。

zerouno7

VIA:James Edition

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >その他イタリア車
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5