>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) ■ニュース

【動画】647馬力のフォードGT、755馬力のコルベットZR1が直線対決。3本ストレート勝ちしたのはどっち?

更新日:

| フォードとシボレーのフラッグシップがガチ対決 |

フォードGTとシボレー・コルベットZR1という、アメリカンスーパーカー同士のドラッグレースが動画で公開。
撮影したのはいつものDragTimes氏で、場所はパームビーチ・インターナショナル・スピードウェイ。
理由は不明ですが(クルマへの負担を考えたのかもしれない)何本か競争を行ったものはすべてローリングスタート(時速40マイル=64キロからの同時加速)となっています。

両者のスペックを見てみよう

フォードGTは言わずと知れたフォードの最新スーパーカー。
カーボン製のモノコックシャシーに3.5リッターV8エコブーストエンジンを搭載し後輪を駆動。
出力は347馬力、車体重量は1521キロ。

fordgt2

フォードGTはヴァージニア・インターナショナル・スピードウェイ(VIS)にてコースレコードを記録しており、さらに今後ニュルブルクリンクにも挑戦するのでは、と言われています(実際に走行する様子が目撃されている。しかしフォードはタイムには興味が無いとコメント)。

フォードGTがポルシェ918スパイダーよりも速いサーキット走行タイムを記録。マクラーレン、フェラーリの記録も破る

対するシボレー・コルベットZR1は「コルベットの中でも最強」モデル。
6.2リッターV8エンジンをスーパーチャージャーで加給し755馬力を発生。
最高速度は321km/hで、ジェイ・レノによると「その速度域でも完全に安定している)。
なお、コルベットはC6世代のZ06でも軽く300キロを超えると言われており、そして「ビタリと安定している」とも。

fordgt3

【動画】コルベットZR1が公称値以上、最高速度346キロを記録。直線があればまだまだ伸びそう

それでは動画を見てみよう

こちらが両者が加速勝負を行う様子を記録した動画、「2018 647HP Ford GT vs 2019 755HP Chevrolet Corvette ZR1 Roll Racing down the 1/4 Mile」。

ローリングスタートなので、スタート時のトラクションにおいて有利なフォードGT(MR)のメリットは打ち消されることになりますが、コルベットよりも100キロ程度軽いという利点を活かしてそのまま逃げ切るという結末に。
そしてこの際の音がまさに「爆音」で、「エコブースト」というエンジンの名前とは真逆のサウンドを発しているのが面白いですね。

いずれのレースにおいてもフォードGTが勝利していますが、これには重量以外の理由があると考えており、それは「ダウンフォース」。
画像を見る限りですが、コルベットZR1はダウンフォース強化オプション「ZTKパッケージ」を装着していて、つまりパワーがこれに食われることになります。

反面、フォードGTは最高速アタック用のドライブモード「V-MAX」を持ち、これを選択すると車高が下がり、かつアクティブエアロが動作しないため「空気抵抗が最小限」。

こういった差も意外と影響があるのでは、とも考えています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->シボレー(CHEVROLET), >フォード(FORD), ■ニュース
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5