■近況について ●ポルシェ718ケイマン(982)

ポルシェ718ケイマンに「スポーツテールパイプ(ブラック)」装着!リアが引き締まった印象に

投稿日:2018/09/11 更新日:

| ポルシェ718ケイマンに純正スポーツテールパイプを装着してみた |

さて、ポルシェ718ケイマンに「スポーツテールパイプ」取り付け。
先日取り付けを行なった「ティンテッドテールランプ」と一緒にアメリカのポルシェディーラー「サンコースト」より取り寄せたものですが、こちらもセール価格だったために日本で購入するのに比較すると約半額。

もちろん純正オプションなので正規ディーラーでも取り付けが可能であり、届いたものをポルシェセンター北大阪さんに持ち込んで取り付けてもらっています。

米ポルシェディーラーに718ケイマン用カスタムパーツを発注してみた。送料を含めても日本で購入するより割安

純正テールパイプを塗装する予定だったものの

なお、もとはというと純正テールパイプをグロスブラックに塗装する予定だったのですが、塗装すると「保証が効かなくなる」とのことでやむなく塗装を諦め、こちらの純正オプションへと交換することに。

そしてこのスポーツテールパイプは「クローム」と「ブラック」があり、もちろんぼくが選んだのは「ブラック」。

こういった状態で届けられ、ガスケットほか取り付けに必要なショートパーツが何点か同梱されています。

cayman2

さっそくテールパイプを取り付けてみよう

こちらが取り付け、というかスポーツテールパイプに交換前。
台形が特徴ですが、形状だけで言えばぼくはこちらのほうが好み。
正直いうと「丸」パイプは好みではなく、こういった台形や四角など、「丸ではない」形状の方がデザイン製が高い、と考えています。

L1050218

ちなみにポルシェは上位モデルになると「丸」テールパイプになる傾向があり、たとえばケイマンのテールパイプはこの画像のように台形テールパイプを持ちますが、一つ上の「ケイマンS」になると「丸二本出し」に。

L1050213

スポーツテールパイプ取りつけ後はこうなった

こちらが交換済みの状態。
ブラックの方がやはり引き締まって見える、と思います。
ぼくの718ケイマンはリアの「PORSCHE」文字などをグロスブラックにペイントしており、そのためにブラックのテールパイプの方がまとまりはよさそう。

L1050286

なお、今回のテールパイプ交換によって、外装からシルバーもしくはクロームのパーツが全て消え去っています。

かなり高価なパーツではあるものの、やはりこれも不満を持ちながらシルバーのまま過ごすより、金額は高くとも自分がそうしたいと考えるグロスブラックへと変更した方が精神衛生上いいだろう、という判断でのパーツ購入と交換ですが、結果的には大満足。

L1050287

ほか、グロスブラックに変更したのはヘッドライトウォッシャーノズル、

cayman56のコピー

リアの「PORSCHE」文字、

cayman25

フロントドア先端のトライアングル。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ●ポルシェ718ケイマン(982)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5