>フェラーリ(Ferrari)

1960年代に活躍したフェラーリ250がモチーフ。時を超えたカスタムが施されたワンオフの812スーパーファスト

投稿日:

| スターリング・モスのドライブしたフェラーリ250GT SWBを現代に |

イギリスにて、サー・スターリング・モスがドライブしたフェラーリ250GT SWBをモチーフにカスタムした、ワンオフのフェラーリ812スーパーファストが納車に。
もちろんこのカスタムを担当したのはフェラーリのカスタム部門「テーラーメイド」。

納車を行ったディーラーはH.R.オーウェンで、ここはフェラーリのほか、ロールスロイスやランボルギーニ正規老舗ディーラーも経営する老舗でもあります(ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの画像を発表前に公開していたことでも有名に)。

デザインテーマはこのクルマ

このフェラーリ812スーパーファストのモチーフとなったフェラーリ250SWBは、1961年製の「250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォーネ」で、グッドウッド、ナッソー、ブランズハッチ、シルバーストーンなどで勝利をあげた「由緒ある車体」。

フェラーリ自身もこの車両を歴史的に非常に重要だと捉えており、70周年記念限定モデルにも「ザ・スターリング(The Stirling)として採用していますね(フェラーリのウエブサイトはこちら)。

093122

現代版は「マット」仕上げ

そしてこちらがスターリング・モスがドライブしたフェラーリ250GT SWBモチーフの812スーパーファストですが、ボディカラーは同じネイビーでも「マット」仕上げのBlu Scozia Opaco。

Ferrari-812-custom (4)

これにホワイトのストライプが左右に入るという、いかにもフェラーリらしいデザインです。

Ferrari-812-custom (3)

ホイール、ブレーキキャリパーは「シルバー」で、もちろんこれは当時の250GTを意識したものだと思われますが、ブラックのホイールやレッドのブレーキキャリパーを使用しなかったのは「英断」だと言えそう。

Ferrari-812-custom (1)

フロントフェンダーのエンブレムは「七宝焼」ではなく、見たところ「ペイント」のようで、ボディと同じくマット仕上げ。

fbcd30a1-ferrari-812-superfast-04

このフェラーリ812スーパーファストのインテリアはこうなっている

インテリアはブラックを基調に、ボディに入るストライプ同様、「ホワイト」をアクセントに。
シートの「フチ」、センターにホワイトのラインが入り、跳ね馬(プランシングホース)エンブレム、ステッチもホワイト。

シートバックにはパンチング(パーフォレイテッド)加工が施されますが、その穴の下にも「ホワイト」。

Ferrari-812-custom (6)

ステアリングホイールやダッシュボード、メーターフードにもホワイトのステッチが入りますが、面白いのはステアリングホイールの上下に貫通する「ストライプ」。
「上」はLEDインジケーター部をまたいで、そして「下」はスポーク上にペイントされるというインパクトのあるスタイルです。

Ferrari-812-custom (5)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5