>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

「もっとも安価な」メルセデスAMG、”A35”発表。上位モデル譲りの装備、過激エアロにて登場

更新日:

| もっとも安価なメルセデスAMGモデル、A35 4MATICが登場 |

メルセデス・ベンツが「メルセデスAMG A35 4MATIC」を発表。
言わずと知れた、新型Aクラスのホットモデル、「AMG版」となりますが、エンジンは2リッター4気筒ツインスクロールターボにて306馬力を発生。
トランスミッションは7速デュアルクラッチ(AMGスピードシフトDCT 7G)、駆動方式はもちろん4WD(4MATIC)。
0-100km/h加速は4.7秒、最高速度はリミッター作動にて250km/hと発表されています。

実車の公開はパリ・モーターショーにて行い、発売は2018年10月、納車は2019年1月から。

エントリーといえども立派なAMG

メルセデスAMG A35 4MATICは「AMGでもっとも安価」なモデルとなりそうで、この上には将来的に(先代Aクラスで投入されたように)AMG A45が投入される予定。
しかしながらA35の開発はA45と同時に行われたといい、A45譲りの装備も多く持つようですね。
主な変更内容としてはおおよそ下記の通りで、ほかのAMGモデルとおおよそ共通するものとなっています。

・エンジン変更(M206)
・エアロパーツ装備
・ハイパフォーマンスブレーキ装備
・スポーツステアリング装備
・AMGエキゾーシステム装着
・フロントセクションの補強
・AMGライドコントロールサスペンション装備
・AMG DYNAMICS装備
・軽量アルミ製ナックル採用
・AMGスポーツシート他専用インテリア採用

なお、AMGとメルセデス・ベンツは年々その関与を深めており、たとえば新型Gクラスにおいては(AMGではない通常モデルの)フロントサスペンションをAMGが設計。
そして新型CLSについても、その設計をAMG GT 4ドアクーペと共有するなど、両者の乗り入れがこれまで以上に強化されているようですね。

mercedes-amg-a35 (6)

そして新型Aクラスにおいても、設計段階からAMGが関与しているといい、たとえ通常モデルであっても、新型Aクラスは高いポテンシャルを持っている、と言えそう。

よって設計段階から関与したAMGは「Aクラスを知り尽くしている」ということにもなり、AMGモデルとしてグレードアップするにも効果的、かつ効率的なチューンを施すことが可能だとも考えられます。

mercedes-amg-a35 (2)

メルセデスAMG A35 4MATICでは「ターンイン」を重視したとされ、エンジンの下側にはボルト留めにて「シェアパネル」を追加し強度を向上。
加えてカナードを追加するなど、接地性を高めているようですね。
なお、カナードつきの市販車はかなり珍しく、しかもこれは「AMGのエントリーモデル」で、それを考えると今後のAMGはこういった過激なエアロパーツを装着してくることになるのかもしれません。

mercedes-amg-a35 (5)

メルセデスA35 4MATICのフロントグリルはスリーポインテッドスターの両脇に二本のクロームラインが用いられ、フロントスポイラー、カナード(エアロフリック)、左右グリル内のルーバーがグロスブラックに。

mercedes-amg-a35 (3)

ホイールは18インチサイズで、サイドステップにもブラックのアクセント入り。

mercedes-amg-a35 (8)

テールパイプはラウンド左右二本出し、そして両サイドのダクトに配置されるルーバー、新たに追加されるリアディフューザーもグロスブラック。

mercedes-amg-a35 (9)

リアスポイラーは、通常のスポイラーの上に載るように「二段重ね」。



新型メルセデスAMG A35のインテリアはこうなっている

インテリアだとおなじみの最新インフォテイメントシステム「MBUX」も装備。
エアコン吹き出し口の内部カラーは「イエロー」となっているようですが、これはボディカラーとマッチしたカラーが採用されるのか、アンビエントランプと連動した発光色となるのかは不明(エアコン操作と連動するとは思われる)。

ステアリングホイールは新世代の「AMGステアリングホイール」で、タッチ式コントロールボタンを装備しています。

mercedes-amg-a35 (1)

もちろんドライブモードも備え、これは「スリップリー(滑りやすい路面用)」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビデュアル」の5つに変更でき、モード変更によってエキゾーストサウンド、スロットルレスポンス、トランスミッションの反応速度やシフトタイミングが変更される、とのこと。※アダプティブダンパーはオプション

加えてハンドリングとESPとを統合制御するAMGダイナミクスも導入され、これは「ベーシック」「アドバンスト」の二種に変更が可能。
ステアリングホイールの切れ核に対する反応やダンピング、ABS介入のタイミングを変更できるようですね。

mercedes-amg-a35 (7)

VIA:Mercedes-Benz

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5