>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ(Porsche) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

珍しくトヨタ・プリウスをバーチャルカスタムしたアーティスト。プリウスのデザインについて考える

投稿日:2018/12/02 更新日:

| かなり珍しい、トヨタ・プリウスの「もしも」系レンダリング |

いつもスーパーカーやスポーツカーをベースに「トラック」「SUV」「ワゴン」等にコンバートするレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏ですが、今回は珍しくトヨタ・プリウスをモチーフに選択しています。

画像を見るとフロントバンパー変更にエアロフリック追加、フロントとリアフェンダーのワイド化、ダックテールスポイラーの追加、リアバンパーを貫通したマフラーエンドといったところが主な変更点のようですね。
もちろんタイヤとホイールも交換されて「ローダウン」されていますが、このホイールはなかなかに面白いデザインだと思います。

現行プリウスの「あの」デザインは意図的なのか

なお、トヨタは新型車を企画する際、「わざと最初にガタガタのクルマを作り」、それを見た開発メンバーが「ここな直すべきだ」といった建設的な意見を出すような環境を作る場合があると報じられていますが、これは一般にマクドナルド理論ともよばれ、「最低の選択肢を示せば、それを拒否するという心理から、今までになかった意見が出てくる」というもの。

「マクドナルド」の場合だと、どこかへ食事に行こうとなったとき、そしていいレストランを思いつかなかったとき、「マクドナルドに行こう」と提案すると、「それだけは嫌だ」「それならばKFCのほうがまだいい」といった意見が出る、というものですね。

関連投稿
トヨタがわざとガタガタの車を作った理由とは?その秘密は「マクドナルド理論」にあった

そしてぼくがふと思ったのは、現行プリウス企画時に、もしかすると「最低のデザイン」を誰かが意図的に出して議論の活性化とデザインのブラッシュアップを期待したものの、「おっ、これいいんじゃない?」「そうそう、いいねこれ」とメンバーがそのデザインを評価してしまい、最低のデザインを出したつもりが、その本人からすると「え?え?え?」という感じで市販化されてしまったんじゃないか、ということ。

もちろんそんなワケはないのですが、とにかく現行プリウスのデザインを見ると(そして比較的年齢層と所得が高い層に販売してきたクルマという、その性格を考えると)そんな気にもなってしまいますよね。

ほかにもある、「もしも」系レンダリング

なお、Rain Prisk氏は精力的にレンダリングを公開しており、「ロールスロイス・レイス」のレンダリングも。
同氏はレイスのデザインについて「スポーティー過ぎる」と考えていて、ちょっとヤン車っぽい要素を付与し、VIPカーっぽく手直ししています。

rainprisk (5)

そしてこちらはポルシェ911がミドシップになったら、というIF設定。

rainprisk (6)

VIA:Rain Prisk-Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5