>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

これが次期日産GT-R?現行モデルにGT-R50やコンセプトカー、最新の日産デザインをプラス

投稿日:2018/12/22 更新日:

次期GT-Rは現行R35 GT-Rのデザインを継続する?しない?

CGデザイナー、イーノック・ガブリエル・ゴンザレス氏が「次期GT-R(R36)」のレンダリングを公開。
このレンダリングは現在のR35 GT-R、GT-R50 byイタルデザイン、コンセプト2020ヴィジョン・グランツーリスモ、さらには現在日産車が採用するデザインとをミックスしたもの。

▲少し前にはこういった「次期GT-R」の予想レンダリングも公開されている

今回のレンダリングは「R35 GT-Rの延長」

フロントは現行モデルの面影を色濃く残し、しかし日産が推し進める「Vモーショングリル」をさらに強調。
ヘッドライト、フロントフードはとくにR35 GT-Rとの関連性が強くなっています。

2021-nissan-gt-r-design-render (2)

サイドだとヘッドライト下部からサイドへと伸びるガーニッシュがなかなか新鮮。

2021-nissan-gt-r-design-render (3)
▲かなり”ロングノーズ”っぽく見える

Aピラーからルーフにかけてのラインも現行GT-Rをイメージさせるものですが、Cピラーは「フローティング」構造を持っており、これは現在日産が好んで用いるデザインでもありますね。

2021-nissan-gt-r-design-render (4)

リアも現行R35 GT-R風のリアウイングを持ち(しかしさらに立体的に)、テールランプはコンセプト2020ヴィジョン・グランツーリスモっぽい形状。

2021-nissan-gt-r-design-render (5)

現行R35 GT-RはこれまでのGT-Rとのデザイン的関連性がほとんどなく、唯一あるとすれば丸四灯のテールランプくらい。
これはスカイライン時代から続くGT-Rの伝統とも呼べるもので、GT-Rと名乗る以上「外せない」ものだと考えています。

次世代GT-Rについてはまだまだ白紙?

次期GT-RはR35 GT-Rと同様のデザインを持つことになるのか、それとも「すでに10年以上」が登場から経過しているR35のデザインを捨てて全く新しいデザインを採用するのかは不明。
しかしいずれにせよ、現行R345 GT-Rのように、「何にも似ておらず」10年経っても変わらぬ魅力を発揮する車であってほしい、と思います。

2021-nissan-gt-r-design-render

なお、次期GT-Rは現在のところ「ほとんど何も決まってない」と思われ、かつカルロス・ゴーン元CEOの逮捕でさらに不透明になったと思われます。
これまでも日産は公的に「コンセプト2020ヴィジョン・グランツーリスモ」「GT-R 50 by イタルデザイン」といったGT-Rに関連するモデルを公開しているものの、前者は「純然たるコンセプトモデルであって、次期GT-Rを示唆するものではない」、後者は「R35 GT-Rの延長線上にあり、次期GT-Rとは関連性がない」とコメントされており、つまり今のところ次期GT-Rについては「やっぱりわからない」ということになりそうですね。

VIA:Enoch Gabriel Gonzales-Behance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5