>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

投稿日:2019/02/23 更新日:

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも

トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)

エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。

アーティシャンスピリッツはレクサスの「オフィシャル」カスタムカーに採用されたことも

アーティシャンスピリッツは上述のようにトヨタ、そしてレクサスに強いカスタムパーツメーカーで、そのほかにも日産、ホンダ、ポルシェ、アウディ、テスラのパーツも手がけています。

高い技術力と洗練されたデザインが評価され、レクサスがSEMAに展示する車両にもパーツがセレクトされたほど。

レクサスLC500「ブラックレーベルGT」はオーバーフェンダー装着

そして今回画像が公開されたレクサスLC500「ブラックレーベルGT」はオーバーフェンダーやリアウイングの装着が特徴(”GT”のつかないブラックレーベルだとオーバーフェンダーやウイングはなく、下回りエアロのセットとなる)。

01w (1)

装着されるパーツは「フロントアンダースポイラー」「サイドアンダースポイラー」「リアディフューザー」(これら3点はセット販売のみで、FRPだと375,000円、カーボンだと550,000円)、そしてオーバーフェンダー(GTフェンダーキット、価格は”ASK”)、カーボンGTウイング(250,000円)。
ちなみにFRP製のコンプリートキットだと120万円、カーボン製だと140万円。

06w (1)

下回りのエアロは厚みを抑えたすっきりしたもので、ウイングレットがデザイン上の特徴ですね。

05w (1)

オーバーフェンダーのラインもボディに沿っており、「いかにも取り付けた」っぽい雰囲気がないのがナイス。
このあたりは意図的に「後付け感」を出したリバティーウォークとは異なるところです。

08w (1)

「ブラック」だとどのパーツを取り付けたのか分かりづらく、同じアーティシャン・スピリッツのエアロを取り付けた「ホワイト」のレクサスLCはこちら。
グリルフレームが「ブラック」化されていてイカツイ感じ。

11w (1)

そしてこちらはリバティーウォークによるレクサスLC500。
フロントアンダー、サイドアンダーはアーティシャンスピリッツと同じ形状を持っており、リバティーウォークが供給を受けているのかもしれませんね(もしくはその逆か)。

反面、オーバーフェンダーはリバティーウォークのほうがより大胆で、リベットによる「暴走族」感を出していることがわかります。

なお、オートメッセ2019においても多数のレクサスLC500カスタムが見られ、これには「こんなにLC500をカスタムする人がいるのか」と驚かされたところ。
中にはいくつかアーティシャンスピリッツのエアロパーツを装着したLC500もあったようですね。

こちらもレクサスLC500+オーバーフェンダー。
おそらくこれもアーティシャンスピリッツの製品だと思われます。

VIA:Artisanspirits

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5