■服や小物、時計、雑貨など

リーボックがあの名作「ポンプフューリー」プロトタイプを史上初の復刻!1994足限定、なんとしても手に入れるべし

投稿日:2019/03/21 更新日:

ただしクルマの運転には全く向いていないスニーカー

リーボックがなんとインスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)「プロトタイプ」を復刻し3月22日より発売を行う、と発表。
インスタポンプフューリーというとぼくが大好きなスニーカーのひとつですが、この「プロトタイプ」が復刻されるのは今回が「初」。
これはいかなる犠牲を払ってでも手に入れねばなるまい、と考えています。

なお、インスタポンプフューリーが誕生したのは1994年で、今回発売されるのも発売年にちなんで1994足のみ。
正式名称は「INSTAPUMP FURY PROTO 94」、価格は21,600円という設定です(通常版よりちょっとだけ高い)。※販売ページはこちら

インスタポンプフューリー「プロト94」はこうなっている

なお、リーボックによればこのプロトタイプは「半年間だけ市販されたことがある」とのこと(全然この存在は知らなかった)。
その後仕様変更がなされたため、この「プロトタイプ」は非常に貴重で、今回はそれと同じモデルを手に入れる「初の」チャンスということになります。

ここで今回復刻されるプロトタイプ、そして通常版との比較を見てみようと思いますが、まずポンプ部の文字がプロトタイプ(左)では"THE pump"、通常製品では"insta pump" 。
なお、シュータンには限定モデルであることを主張するシリアルナンバーが入ります。

甲に当たる部分の刺繍については、インスタポンプフューリー・ プロトタイプ(左)だと”Reebok"文字のみ、通常版ではReebok文字に加えてベクターロゴ入り。

インスタポンプフューリー・ プロトタイプ(左)にはシュータンとヒール部分のループがなく、かなりスッキリとしたデザインに。

インスタポンプフューリー・ プロトタイプ(左)のアウトソールはイエロー、通常版はブラック。

インスタポンプフューリー・プロトタイプ(左)のインソールにはポンプフューリーをデザインしたチーム「RAC」のロゴ。

今回の インスタポンプフューリー・ プロト94の特徴はざっとこんな感じ。
なお、インスタポンプフューリーはクルマの運転には向いていないと考えていて、それはソールが滑りやすく、(ペダルに当たる)ソール面積が狭いから。
加えてソール自体が柔らかく、MT車や、ブレーキペダルの重いクルマ(ロータスやマクラーレン)だとかなり苦労することになる、と考えています(その意味ではナイキのエアフォース1、アディダス・カントリーがクルマの運転には向いている)。

リーボックによるインスタポンプフューリー [INSTAPUMP FURY PROTO 94]の説明は下記の通り。

1994年にランニングシューズとして登場し、リーボックの最も代表的なモデルである「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の初回生産版“プロトタイプ”の初復刻モデル「INSTAPUMP FURY PROTO 94(インスタポンプフューリー プロト 94)」を、発売25周年を記念し、1994年発売にちなみ、全世界で1994足数量限定(シリアルナンバー付)にて発売。
発売時のファーストカラーとして知られる、イエローやレッドといった原色を大胆に使った通称“シトロン”カラーには、“プロトタイプ”と呼ばれる半年しか販売されなかった、初回生産版が存在します。“プロトタイプ”のアウトソール前足部には、イエローのラバーパネルが使用されていましたが、鮮やかなシトロンイエローの染料は柔らかく、すぐに劣化してしまうという問題があった。品質改良がなされ、1994年9月に耐久性に優れたブラックのラバーソールに変更し、同時にいくつかのディテールも変更して再度発売された。

VIA:Reebok

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5