>ランボルギーニ(Lamborghini)

このカラーは初めて見た。ムルシエラゴ限定モデルカラーを持つランボルギーニ・チェンテナリオが中古市場に登場

投稿日:2019/07/28 更新日:

| その価格は4億3000万円(新車価格の倍以上) |

サウジアラビアにて、レア中のレアモデル、「ランボルギーニ・チェンテナリオ・ロードスター」の中古が販売中。

「チェンテナリオ(Centenario)」は「100周年」を表すイタリア語で、その名の通りこのクルマは「フェルッチョ・ランボルギーニ(ランボルギーニ創業者)」生誕100周年を記念して発表されたもの。

ベースはアヴェンタドールとなりますが、出力は770馬力にまで向上しており、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は350km/hという比類なきパフォーマンスを誇ります。

ランボルギーニ・チェンテナリオのカラーは多種多様

なお、この100周年記念車としては「チェンテナリオ・クーペ」が20台、「チェンテナリオ・ロードスター」が20台、つまり合計40台が販売されており、そのうち数台はネット上でもその姿が公開されています。

そして、この「チェンテナリオ」にはヴィジブルカーボンファイバー製ボディパネルはじめ様々な仕様を選ぶことができ、およそ「1台1台すべて異なる」カラーリングを持つことも一つの特徴。

今回のチェンテナリオについては、これまでネット上にて姿を見せたことはないと思われるもので、そのカラーリングは「グレーにオレンジとブラックのアクセント」。

b780878c-lamborghini-centenario-roadster-4

ブレーキキャリパー、そしてタイヤレターもオレンジ。
タイヤはピレリの「カラーシリーズ」だと思われ、しかしこれには「オレンジ」が存在しないため、このオレンジレターは特注品だと考えて良さそう。

インテリアもブラック×オレンジ。
シートの骨格やバルクヘッドなどはヴィジブルカーボン(グロスブラック仕上げ)。
シートそのものはレザーとアルカンタラとのコンビとなり、ステッチにはオレンジが採用されています。

666a8218-lamborghini-centenario-roadster-2

なお、このカラーリングはランボルギーニがかつて販売していた「ムルシエラゴLP650-4ロードスター」と同様で、このチェンテナリオのもともとのオーナーさんはムルシエラゴLP650-4ロードスターも保有しているのかもしれません。

ab6f1e18-lamborghini-centenario-roadster-3

ちなみにムルシエラゴLP650-4ロードスターは2009年に限定50台のみで販売されており、日本には3台が正規輸入されています(新車価格は45,386,250円)。
こちらのエンジンは6.5リッターV12、出力は650馬力、0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は330km/h。

2-1530799602998

一方チェンテナリオ・ロードスターの新車価格はおよそ2億円ですが、今回販売されている価格は邦貨換算で4億3000万円程度のプライスタグを掲げています。
つまり新車の「倍以上」の価格ではありますが、実際にそれだけの価値があるモデルだとも言えそうですね。

4b136943-lamborghini-centenario-roadster-5

VIA: James Edition

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5