>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが富裕層向けにハイパーカーの収まる「秘密基地」風ガレージを提案!まるで映画の中の1シーン

投稿日:2019/08/19 更新日:

| アストンマーティンは富裕層のライフスタイルをプロデュースする方向へ |

アストンマーティンは「ヴァルキリー」「ヴァルハラ」と立て続けにハイパーカーを発表していますが、一方では「パーソナル潜水艦」や「超高級タワーマンション」事業にも進出しています。

その意図としては、「富裕層のライフスタイルをプロデュースする」というもので、つまりは富裕層が求めるものであればなんでも提供してゆこう、というのがアストンマーティンのスタンスのようですね。

今度はアストンマーティン風「隠れ家」を提供

そして今回、アストンマーティンが紹介するのは「ギャラリー兼隠れ家」。
アストンマーティンはパーソナリゼーション部門として「Q(映画「007」の兵器開発部門になぞらえている)」を持ちますが、その「Q」がウルトラリッチ層のために考えたのが今回のガレージとなります。

ただ、実際に特定の場所にこれを建設するというわけではなく、アストンマーティンが今回のようなコンセプトを示し、それに共感したオーナーがアストンマーティンとの共同にて「理想のガレージ」を作り上げることをイメージしているようですね。

aston-martin-galleries-and-lairs

こちらは「ギャラリー」。
自身のクルマを「芸術作品のように」展示することを考えているそうで、ヴァルハラ、DB5、そしてヴァンテージが確認できます。

aston-martin-galleries-and-lairs (4)

世の中には想像を絶するお金持ちがいるので、こういったガレージでも「難なく」再現できる人もいそうですね。

aston-martin-galleries-and-lairs (3)

そしてこちらはリビング。
親水設計を持ち、暖炉やデスク、ソファも見えます。

aston-martin-galleries-and-lairs (2)

そして中央にあるのはチューブ状の水槽で、中の「空間」にヴァルハラが鎮座。

aston-martin-galleries-and-lairs (1)

そしてクルマはエレベーターにて地上へ。

aston-martin-galleries-and-lairs (6)

そこからそのまま走り出すことが可能に。

aston-martin-galleries-and-lairs (5)

現在でもマイアミやドバイのタワーマンションには「車ごと」部屋に入れる物件がありますが、ここでぼくがいつも気にするのが(実際には購入できるお金がないので心配しても無駄ですが)排気ガスや熱。

つまり部屋の中が排ガス臭くなったり、やたら暑くなったりするのではということですが、しかし「プラグインハイブリッド」もしくは「エレクトリックカー」であればそういった心配も非常に少ないのかも知れませんね。

ただ、ガソリン車にせよ、EVにせよ、部屋の中に「爆発の可能性がある製品」を入れていることに変わりはなく、非常に稀だとは思うものの、「何かあると怖いなあ」とは考えてしまいます(ある意味では、エレクトリックカーのほうがガソリン車に比較して爆発の可能性が高いかも)。

aston-martin-galleries-and-lairs (7)

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5