>ジャガー(Jaguar) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

さよならジャガーXJ。モデルライフ最後を飾るにふさわしい限定モデル「XJコレクション」が登場し、著名カメラマンと女優を起用したポートレートも公開

投稿日:2019/11/22 更新日:

| 製造されるのはわずか300台のみ、残念ながら北米のみでの限定販売 |

ジャガーがそのフラッグシップ「XJ」の生産終了への餞となる「XJコレクション」なる特別限定モデルを発表。
残念ながらアメリカ国内のみの発売となり、限定台数は300台。
ベースとなるのはロングホイールベース版の「XJ L スーパーチャージド」で、搭載されるエンジンは5リッターV8(470馬力)。
トランスミッションは8速AT、駆動輪は後輪のみ。

特別装備としてはアダプティブクルーズコントロール、360度サラウンドカメラ+パーキングエイド等。

ジャガーほど「絵になる」クルマは多くない

そして今回、ジャガーはこの「XJコレクション」のプロモーションの一環として、カメラマンにマックス・モンゴメリー氏、モデルに女優のアレクサンドラ・ダダリオさんを起用して一連のポートレートを撮影しています。

2019-Jaguar-XJ-Collection-05

ジャガーXJは1968年に登場した初代から数えて51年が経過していますが、現行X351系(2010年)にて大きくそのイメージを変更。
オールアルミ製シャシーをかなり早い時期に採用したクルマのひとつで、先進性とジャガーらしいエレガントさとをうまく組み合わせたモデルです。

2019-Jaguar-XJ-Collection-03

ただし販売はズルズルと下がっており、次期XJはピュアエレクトリックモデルへとスイッチし、90.2kWhバッテリーを採用することで一回の満充電あたり走行可能距離470kmを誇ることになる、とも。

2019-Jaguar-XJ-Collection-02

現在のところ次期ジャガーXJのデザインがどういったものになるのかはわかりませんが、ジャガーのデザイナーはこれまでのイアン・カラム氏から新デザイナーへとスイッチしており、これまでとは異なるテイストを持つことになりそう。

ジャガーのデザインを20年率いたイアン・カラム退任。今回は韓国や中国からの引き抜きではなさそう。その人物とは?

2019-Jaguar-XJ-Collection-01

現在のところ「最新」ジャガーは「I-PACE」ですが、これはまだイアン・カラム氏の行ったデザイン。
おそらく新世代ジャガー第一弾はF-TYPEのフェイスリフトモデルとなりそうですが、このデザインによってジャガーの今後を占うことができそうですね。

ジャガーF-Typeが初のフェイスリフト?表情が大きく変わりそうな試作差が走行中。なおエンジンはBMW製4.4L/V8ツインターボへ変更とのウワサ

2019-Jaguar-XJ-Collection-06

なお、ジャガーXJといって真っ先に思い出すのはX300、X350系。
まさにジャガーといった雰囲気をたたえるクルマですが、こういった雰囲気を、一時のカマロやマスタングのように、「ネオレトロ」路線で蘇らせても面白いんじゃないかとも考えています。

現在高級サルーン市場は加熱しており、高級さだとメルセデス・ベンツ、先進性だとアウディ、パフォーマンスだとポルシェ・パナメーラといった選択がなされているようにも思われ、であればジャガーは「ジャガーらしさ」を生かした「エレガント」路線を進めば他も真似はできず、一定の存在感を発揮できそうだ、と考えるわけですね。

やるやんジャガー!アイアンメイデンのドラマーが所有するXJ6を現代風にフルカスタム。楽器モチーフも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ジャガー(Jaguar), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5