>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

もしもトヨタ・スープラ(80)がミドシップだったら?リアにホンダNSXの3.5L V6エンジンを搭載したレンダリング

投稿日:2019/12/09 更新日:

| こうなったら「フロントエンジンのホンダNSX」も作って欲しい |

さて、レンダリングアーティストに大人気のネタ、「トヨタ・スープラ」。
80スープラ、GR(90)スープラともどもこれまでに様々な作品が登場しており、そして今回紹介するのはAbimelec Designによる「もし80スープラがミドシップだったら」。
これは「後から改造」ではなく、当初から80スープラがミドシップとしてリリースされていたらという設定のようで、初代ホンダNSXをイメージした仕上がりとなっています。

エンジンはホンダNSXの3.5リッターV6

画像を見ると、(本来フロントにエンジンが積まれる)80スープラのフロントを「短縮」し、リアを「延長」。
フロントはそのままギュっと前から押して縮めたようで、そのためにフロントフェンダーがちょっと盛り上がっていることがわかります。

逆にリアはそのまま引き伸ばしているので、ホイールハウスもちょっと「間延び」していますね。

78171087_1940631899416419_1687739456599097344_o

そしてこちらはエンジンルーム。
ホンダNSXの3.5リッターV6エンジンが搭載され(NSXと同じ横置き)、エンジンヘッドカバーはレッドに変更され、ホンダマークとDOHC VTECの文字が消されています。
キャビンとの間にはガラスによる隔壁も追加されていて、けっこう細やかな仕事っぷりも見ることも可能。

78215749_1940631976083078_5639647833263964160_o

こちらは実際の80スープラとの比較。
微妙な差ではありますが、この差が違和感となって伝わってくる(何かが違うと感じさせる)のは面白いところです。

78674552_1940632046083071_4238272121375031296_o

ほかにはこんな「もしも」系レンダリングも

そしてAbimelec Designはほかにも多数のレンダリングを公開。
こちらは「マイアミ・バイス」に登場したフェラーリ・テスタロッサを現代風に手直ししたもの。

こちらはテスラ・サイバートラックを「ガソリンエンジン搭載のミドシップに」改造したクルマ。
なお、既存のガソリン車を「EV」に改造するケースは多々あれど、「EVをガソリン車に」コンバートする改造はまだ見たことがない、と思います。

そこでレンダリング上のみではあるものの、「EVへ」改装されたダッジ・チャレンジャー。
充電器はテスラの「スーパーチャージャー」、そしてブレーキキャリパーやバッジ類はポルシェ918スパイダーよろしく「アシッドグリーン」。

こちらは昔のフォード・マスタングを「シューティングブレーク」に。

レンダリング界からもGRスープラのカスタムへ参戦!近未来風、アメリカンマッスル風のCGが公開

【もしもなレンダリング】80スープラ風GRスープラ、未来派マツダRX-7、ポルシェ、ランボルギーニなどを見てみよう

VIA: Abimelec Design

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5