■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

女性は”いい腕時計”をしている男性を見ると「仕事ができる」「好感度が上がる」と感じるらしいぞ!

投稿日:2020/01/22 更新日:

| そのほか「趣味が良いと感じる」「オシャレ」とも。ただしTPOに合った腕時計選びが重要だ |

ちょっと古い(2018年)のものですが、腕時計に関する意識調査結果。
現代はスマートフォンで時間の確認ができるために腕時計は不要といえば不要。
よって、概要では「腕時計は持っていない」という回答が男性では16.6%、女性では22.4%にも登るという結果となっていて、30代に限定すると、およそ3割の人が「腕時計は持たない」という数字も出ています。

なお、「時間をスマホで確認」については賛否両論あり、「商談中にスマホを見るわけにもゆかない」「いまどきそんなのは関係ない」という言い分が真っ向から衝突している模様。

腕時計は今どき必要がないものだけれども

それはさておき今回のアンケート結果ですが、腕時計を身につけるタイミングでもっとも多いのは「外出するときはいつでも(43.7%)」。
次いで多いのが「仕事(23.7%)」、「ショッピングやレジャー(22.6%)」、「冠婚葬祭や会合(20.8%)」。

そして腕時計を身に着けない理由としては「スマホを見れば時間がわかるから(69.2%)」「汗で蒸れるから(22.7%、意外と多いな)」「つけ外しが面倒だから(21.2%)」。

なお、飛行機に乗る場合、最近だとスマートフォンは「機内モード」に設定していてばOKというケースが増えましたが、ちょっと前までは携帯電話の電源そのものを切る必要があり、そういった場合は「腕時計がないと時間を知るのが難しい」という事例も。
ちなみにぼくは腕時計を意図的に身に着けないときもあるのですが、それは「集中してPC操作をする必要があるとき」で、つまりは腕時計が操作のじゃまになるということですね(実際のところ、ぼくは外出時の90%くらいは腕時計を身に着けていない)。

腕時計を身につける理由としては「時間を知りたいときにすぐに見ることができる」がトップで65.4%、次いで「腕時計が好きだから(35.3%)」、「腕時計はファッションの一部だから(17.9%)」、「大人の嗜みだから(13.0%)」、「アクセサリーの一部だから(10.1%)」というものが上位。
かつて腕時計は「紳士に許された唯一のアクセサリー」だと言われたそうですが、今でもそんな名残があるのかもしれません(ただし男女比だと、女性の方が高い比率にて腕時計をアクセサリーとして見ている)。

所有している腕時計の価格帯は?

そしてちょっと面白いのが「所有する腕時計の価格帯」。
所有する腕時計で「もっとも高価な」腕時計の価格を聞いてみると、「1~3万円」が25.8%で一番多く、次いで「10~50万円(19.8%)」、「1万円未満(18.2%)」。

年代別だと、30代では「10~50万円」がもっとも多く、しかし上述のように「腕時計を持たない」人がもっとも多いのも30代。
つまり、持たない人は持たないか、持つ人は「こだわって」腕時計を持つということなのかもしれません。

職業別だと「会社経営者・役員」の34%が「10~50万円」の腕時計を保有しており、「50~100万円」「100~300万円」も10.4%づつ。
これは他の職業では見られない傾向だそうです。

所有している腕時計のブランドは?

所有している腕時計のブランドについて、その詳細(ブランド別)数値は公開されていないものの、大きなくくりで「日本の本格時計メーカー(セイコーやシチズンなど)」が最多の60.8%。
次いで「日本のカジュアル時計メーカー(G-SHOCKなど)」が39.5%、「海外のラグジュアリー本格時計メーカー(ロレックス、オメガなど)」が27.6%。
そのほか「海外のカジュアル腕時計メーカー(スウォッチなど)」は19.9%、「海外のラグジュアリーブランド腕時計メーカー(シャネル、ブルガリなど)」が16.3%、「多機能性腕時計(アップルウォッチはじめスマートウォッチ)」は6.4%。
もちろん、女性の方が「ラグジュアリー」「ブランド」腕時計の比率が高くなっているようです。

素敵な腕時計をしている異性を見たらどう思う?

こちらは素敵な腕時計をしている異性を見たときにどう感じるか?という調査。
正直なところ、女性は男性の腕時計(というか結婚指輪含めて手を)をよく見ているようで、たしかになにかと身に着けている腕時計について言及されることも。
やはり女性からの注目度がもっとも高いのはルイ・ヴィトン(タンブール)で、このプレゼンスは抜群だと思います。
かつ、適度にオシャレ、適度にドレッシー、適度に上品であり、「いやらしさ」がないところが受けのいい秘密かもしれません。

反面、ぼくの好むベル&ロスやパネライ、ウブロ、オーデマピゲ(ロイヤルオーク・オフショア)はいまひとつ女性に受けないようですね。※ぼくは行かないが、女性のいる飲み屋ではウブロ、とくに宝飾仕様が受けるらしい
さらには、やはりぼくが大好きなデジタル時計、ブラックのケースを持つ腕時計(たとえオーデマピゲであっても)も女性には極端に評判がよろしくないようです。

なお、仕事の上で、ブライトリングやオメガをはめている人を見ると「やるなコイツ」と思いますが、逆にウブロをしていると「チャラいなコイツ・・・」と感じることも。

ただ、スーパーカーの集まりでウブロを身に着けている人を見ると「オシャレ」だと感じるので、同じ腕時計であっても、TOPによって全く受ける印象が違う、ということに。

ぼくはそういったTPOについては無頓着で、いつも「自分の好きなもの」を身につける傾向があるのですが、これからはちゃんとTPOに合った腕時計を選ぼうと考えています。

順位男性から見て女性から見て
1おしゃれ・・・35.4%おしゃれ・・・42.1%
2趣味が良い・・・18.2%仕事ができそう・・・19.8%
3うらやましい・・・14.4%趣味が良い・・・17.6%
4高感度向上・・・13.6%高感度向上・・・15.3%
5上品に感じる・・・13.0%時間を守りそう・・・14.7%
6時間を守りそう・・・10.4%上品に感じる・・・14.0%

VIA:Planet

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■駄文(日々考えること), ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5