>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

トヨタ86をEV化した男が現れた!モーター/バッテリーは日産リーフ、クラッチはホンダ製。見た目は「全く普通な86」

投稿日:2020/03/09 更新日:

| DIYながらもこれだけの技術を持つ個人がいたとは |

なんとトヨタ86をEVにコンバートした猛者が登場。
このツワモノはドイツのフィリップ・シュスター氏なる人物で、ガソリンエンジン含むパワートレインを(トランスミッション除いて)そっくり日産リーフのそれと入れ替えてしまったようですね。

つまり動力源は日産リーフのモーターそしてバッテリー、トランスミッションはトヨタ86ということになりますが、クラッチにはホンダ製を使用していると報じられています。

EVコンバートの様子も動画で公開

そして同氏はEVへと改造する様子を掲示板上にて動画を添えて公開していますが、けっこう「DIY感満載」で、漏電なんかは大丈夫なのかと思ったり。
もちろんここまで思い切った作業を行うということはそれなりの自信があるということなのでしょうね。

20191230-230535

こちらがそっくり入れ替えられたモーターとインバーター。
たしかに相当な技術を持っているようです。

20191206-131834

充電はかつて給油口であったところから。

20200102-215914

裏面はこんな感じ。
むき出しのケーブルがちょっと怖いですが、もちろん完成後にはちゃんと処理されているのだと思われます。
スペックについては2014年式のリーフそのままとなり、バッテリーは24KWh、出力は200馬力。
日産リーフの中古価格は「激安」であることが報じられていますが、これを2台ほど買ってきて「リーフ二台分のバッテリーを突っ込んだ」エレクトリック86を作ったりすればかなり面白いクルマができそう。

20191230-183313

トヨタ86は非常に高いポテンシャルを持ちながらもエンジンの非力さがたびたび指摘され、スーパーチャージャー化やターボ化を行う人も多く、しかしこういった「エレクトリック化」はまた別の、新しい「解決策」なのかもしれません。

こちらは「エレクトリック86」がフル加速を行う動画。
低速〜中速の加速はかなりのもので、最高速は215km/hのようですね。
動画ではタコメーターも作動していますが、これが実際のモーターの回転数を表すのかどうかは不明です。

VIA: InsideEVs, openinverter.orgwhichcar.com.au

ほかにはこんな「EVコンバート」も

なお、EVコンバートは今後注目されるカスタムの一つで、メーカー純正だとジャガーが「Eタイプ」を直々にエレクトリック化するプロジェクトをスタートさせています。

ジャガーが自社にて1968年のEタイプをEV化。外観は当時のまま、中身や内装は未来風

そのほか、シボレー純正ではありませんが、ジェノベーションが「コルベットのEVコンバージョン」を発売していますね。

【動画】コルベットベース、800馬力、MTも選べるピュアEV”ジェノベーションGXE”。自身の記録を塗り替え「EV世界最速記録」を樹立

そのほかハチロク、VWバス、デロリアン、ポルシェなど様々なクルマが個人によってEV化されている模様。

「このポルシェ911な、EVなんよ」。1979年製911にテスラのバッテリーを移植しEV化した男が登場

トヨタ・ハチロクをEV、しかもドリフトマシンに改造した男が登場。動画では華麗なドーナツターンを披露

【動画】まさかの「ポルシェ935」を公道仕様に、しかも637馬力のEVにコンバートしたショップが現れた!

クラシックミニをEVにコンバートする会社が現れた!ただしお値段1100万円、航続可能距離は201キロ

【動画】こう見えてピュアEV!フォードの許諾を得て英メーカーが「エレクトリックマスタング」を発売。ただし499台限定、4100万円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5