>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

この手口にはひっかかりそうだ!詐欺グループが「お宅のフェラーリがリコール対象になったので引き取りに行きます」とオーナーに連絡しまんまとフェラーリを詐取

投稿日:2020/02/09 更新日:

| しかしあの手この手で悪いことを考える連中が出てくるものだ |

南アフリカにて、フェラーリを騙し取るという悪質な詐欺が横行中。
これは南アフリカのフェラーリ正規ディーラー、「スクーデリア・サウスアフリカ」が警告として発したもので、その内容は「詐欺グループが、フェラーリ正規ディーラーになりすまして顧客に直接連絡を取り、虚偽のリコールの案内を行っている。そして顧客に”クルマを引き取って修理する”と提案し、顧客がそれを了承すれば顧客の元へと積車を送り、まんまとクルマを詐取する」というもの。

実際に被害にあったオーナーも

そしてすでにフェラーリ812スーパーファストが1台、この手口によって盗まれているとも報じられ、加えてスクーデリア・サウス・アフリカは「我々正規ディーラーが顧客に対して直接、クルマの引取のために連絡をすることは絶対にない。もしもそういった電話があった場合はすぐ我々に連絡するように」ともFacebookを通じて発信しています。

なんとも手の込んだ手口であり、「うっかり」騙されてしまうオーナーも多そうですが、幸いなことに南アフリカはさほどフェラーリの販売台数が多くはなく、よってこの情報が出回れば未然に被害は防げそうでもありますね。

なお、南アフリカは非常に治安が悪く、かつ貧富の差も激しいことで知られます。
まっとうな仕事でまとまったお金を稼ぐことは難しく、よって「お金持ちを狙う」のは手っ取り早く大金を得ることができる手段でもあり、そのために組織的な犯行も多いとも言われています。

ちょっと前ですが、富裕層の自宅前に取り付けられたカメラが「ポルシェで帰宅した住人を狙った強盗」を捉えた様子が公開され(しかも銃を持ってる・・・)、こういったことが日常的に起きているのであれば「怖くて夜も眠れない」と思ったり。
なお、自宅が「割れている」ので、この人達は家を出る都度、そして帰ってくるたびに強盗に注意せねばならないのかもしれません(実際に住人の動きを見ていると、こういった自体に慣れているという印象も受ける)。

これは怖い!南アフリカで強盗にあいそうになったカップルが間一髪で難を逃れる(ただしワンコは置いてゆかれる)

ちなみに南アフリカはクルマのカスタム熱が高いようで、そして車検がユルいもしくは無いのか、過激な改造を施したクルマたちも過去に何度かメディアを賑わせています。

南アフリカ発、DTMルックのアウディRS6。カーボン製ワイドボディ、シースルーボンネットで武装

VIA:Scuderia South Africa

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5