>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

【動画】100台のスーパーカーを所有する個人ガレージ!「ポルシェ部屋」「フェラーリ部屋」はまさに圧巻

投稿日:2020/03/10 更新日:

| あるところには本当になんでもある |

スーパーカー系トップユーチューバー、Shmee150氏がマイアミにてプライベートガレージ「IKONICK」を紹介。
現代アート、そして「アート」に値するスーパーカーたちを100台以上も収めた驚愕のコレクションとなっていますが、集められたクルマのレア度もさることながら、「ガルフカラーのポルシェ918スパイダー/カレラGT/959」などその仕様にもまた驚かされます。

さらには世界限定10台のうち2台のアポロ・インテンサ・エモツィオーネ(I.E.)が鎮座しているのにもまたびっくり。

ガレージ内は「4つの部屋」に分かれ、フェラーリルームやポルシェルームも

まずガレージ全景はこんな感じ。
こういった部屋が4つあり、フェラーリやポルシェは専用の部屋が与えられることとなっています。
なお、それぞれの部屋にはワニやゴリラ、そのほかポップでシュールなオブジェが配置されて気分を盛り上げることに。
加えて柱にはLED電飾が仕込まれているようですね。

a14

おそらくは一番いい位置のターンテーブルにドドンと乗っているのはアポロ・インテンサ・エモツィオーネ。
10台のみしか生産されない超レアカーですが、その価格はなんと1台3億円。

a13

そしてもう一台、マットブラックのアポロ・インテンサ・エモツィオーネも。

a16

あの「アポロIE」第一号車が納車。オーナーは「ドラゴン好き」のこんな人だ

マセラティMC12コルサ・コンバージョン、ランボルギーニ・アヴェンタドールSV。

a17

超レアなフォードGTX1。
フォードは2004~2006年に4000台のフォードGTを世に送り出していますが、このフォード”GTX1”は50台のみの生産となり、2005年のSEMAで発表されたメーカー純正のカスタムカー。
「オープントップ」なのが特徴で、ルーフは取り外し式となっており、4分割のパネルを組み合わせ「クローズド(クーペ)」「オープン」「Tバー」へと変更可能となっています(シート後方には「スピードスター」状のコブが設けられ、ここへ外したトップを収納する仕組み)。
なおフォードGTX1はこの状態で販売されるのではなく、「まずフォードGTを購入」する必要があり、その後にカスタムを行うフォードの下請け会社へとカスタムに出す必要があるようですね。

a11

なんとポルシェ959、918スパイダー、カレラGTがガルフカラーに。

a12

そしてポルシェ部屋にはさらに3台の918スパイダー(いずれもヴァイザッハ・パッケージ装着)、そして「最も高価な911」、911ターボエクスクルーシブが2台も(クーペとカブリオレ)。
その後ろには、911のフロントフードにスティーブ・マックイーンの絵が描かれたオブジェも掲げられています。

a3

ポルシェ959は3台、そして911フラットノーズも。
このほかポルシェ部屋には多数のクラシック911そしてGT3やGT2系が収められています。

a2

サリーンS7。

a10

ダッジ・ヴァイパーACR。
ウイングのステーが左右でカラー違いとなっています(ボディストライプにあわせているため)。

a9

そのほかアメ車はけっこう充実していて、コブラも複数台。

a8

古き良き時代のアメ車も。

a6

マクラーレン部屋にはカーボンボディのセナが2台、そしてレーシングカーのセナGTRも。
そのほか650Sなどマクラーレンも多数。
奥には「空飛ぶクルマ」まで見えますね。

a7

こちらはメルセデスコーナー。

a4

フェラーリ部屋もポルシェ部屋同様に圧巻のひとこと。
ラ・フェラーリ、エンツォフェラーリ、F12tdfなど考えうる限りの限定モデルが並んでいるようです。

a15

こちらは各車のキー。
同じブランドでも複数のクルマが止まっているので、どれがどのクルマのキーなのかわかりにくくなりそうですね。

a

こういったガレージを見ていていつも思うのが、「フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ポルシェ」が非常に高い人気を持っている、ということ。
反面、ランボルギーニ、マセラティ、ベントレーといったブランドはあまりコレクターの収集対象となっていない模様。
その境界線がどこにあるのかはわかりませんが、「入手困難な限定モデル」の有無というのはひとつの鍵かもしれません。
その意味では、現在のランボルギーニが「限定モデルを頻発」するという手法は、”将来の資産価値形成”つまりコレクターが集めたくなる環境づくりという理由があるのかもしれません。

VIA:Shmee150

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連, >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati), >中国/香港/台湾の自動車メーカー, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5