>ポルシェ(Porsche) ■ニュース

ポルシェが自社にてカスタムしたパナメーラ、タイカンを公開。ポルシェは「ボディカラー同色ホイール」がお好き?

投稿日:2020/03/07 更新日:

| ポルシェはときどき、突拍子もないカスタムを行うことがある |

ポルシェのパーソナリゼーション部門、「エクスクルーシブ」より、パナメーラそしてタイカンをカスタムした車両が公開。
ポルシェは非常に多数のオプションを持つことで知られ、しかしあまりに選択肢が多すぎるために「何を選んだらいいかわからん・・・」という人が多数いるのもまた事実。

よって、ときどきポルシェがこうやって自ら「こういったカスタムもできる」という例を公開しているわけですね。

パナメーラのホイールはボディ同色

そして今回公開された、カスタム仕様パナメーラ・ターボS Eハイブリッドに装着されるホイールは「ボディカラー同色」。
そのカラーはナイトブルーメタリックで、一種独特の雰囲気が感じられます。

ちなみにポルシェの場合、ホイールの種類にもよるものの、多種多様なフィニッシュを選択することができ、たとえば911において、20/21インチカレラを選ぶと「ボディカラー同色(198,612円)」、ジェットブラックメタリック塗装(198,612円)」「ハイグロスブラック塗装(198,612円)」「サテンブラック塗装(198,612円)」「サテンプラチナ(マットグレー)塗装(198,612円)」「オーラム(ゴールド)塗装仕上げ(198,612円)」を選択可能。※ブラック系が3つもある。

porsche-panamera-turbo-s-e-hybrid-blue-wheels (1)

そのほか、ボディには「スポーツデザインパッケージ」が装着され、これはフロントバンパー、サイドスカート、リアバンパーが変更となるもの。
そのほか、テールランプが「ダーク仕上げ」となっています。

porsche-panamera-turbo-s-e-hybrid-blue-wheels (2)

ポルシェの「ホイール同色」の歴史は浅くない

なお、ポルシェはけっこう前からボディカラー同色ホイールを採用する傾向にあり、968CS(クラブスポーツ)ではこういった感じでイエローのほか、「レッドのボディにレッドのホイール」「ブルーのホディにブルーのホイール」を装着しています。
そのほか、986世代のボクスターにも「イエローのボディにイエローのホイール」を装着した限定車を発売したこともありますね(タミヤからプラモデルが発売された)。

そのほか、996世代や997世代の911GT3RSでは、ボディカラー同色ではないものの、アクセントカラーと同じ色にペイントされたホイールを採用したことも。

S18_1169-88294461

タイカンは「スポーツデザインにカーボンパーツ」

そして時を同じくして発売されたカスタム仕様のタイカンは「スポーツデザインパッケージ(カーボン)」を装着。
ボディカラーはパナメーラと同じナイトブルーメタリックのように見えますが、フロントリップ等がカーボンファイバーに。
そのほかにはLEDマトリクスヘッドライトも与えられ、精悍な雰囲気が増しています。

porsche-taycan-with-sportdesign-package-carbon (1)

加えてホイールのリム部分(エアロブレード)にもボディカラー同色があしらわれ、ポルシェは意外と「ボディカラー同色ホイール」が好きなのかもしれません。

porsche-taycan-with-sportdesign-package-carbon (2)

オプション価格は業界一?ポルシェがタイカンの「純正カスタム」を公開。これまでのポルシェとは一味違ったカスタムも

VIA: Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5