>アストンマーティン(Astonmartin) >スウェーデンの自動車メーカー >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >その他イタリア車 ■ニュース

【動画】あの富豪は3月に発表されたハイパーカーの「どれ」を買ったのか?ケーニグセグ2台、マクラーレン1台を注文するようだ

更新日:

| 何でも買えるという立場はじつに羨ましい |

さて、現代のクルマに関していえば、世界有数とも考えられるカーコレクターのマニー・コシュビン氏。
パガーニ・ウアイラ、ブガッティ・ヴェイロン、シロン、ポルシェ935クラブスポーツ、マクラーレン・セナ/P1、ポルシェ・カレラGT、メルセデスSLRマクラーレン等を保有しており、さらにはフォードGTやケーニグセグ・ジェスコ、アストンマーティン・ヴァルキリー、マクラーレン・スピードテール等が納車待ち。
つまりは現代における超限定スーパーカー/ハイパーカーのほとんどを持っているということになりそうです(ただしランボルギーニやフェラーリには手を出していない)。

あの富豪はこんなクルマを注文した

そして今回流れてしまったジュネーブ・モーターショーは、その開催地の性質もあって、例年数々の高額モデルが発表されてきたことでも知られます。
今回ジュネーブにて公開される予定で、しかし発表の場を失ったためにオンラインにて発表されたモデルだとベントレー・バカラル、マクラーレン765LT、ケーニグセグ・ジェメラ、アストンマーティンV12スピードスター等がありますが、今回マニー・コシュビン氏が「どれを注文し、それを注文しなかったのか」という動画を公開しています。

まず動画の中で語られるのは、アストンマーティンV12ロードスター。
これはヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラとを組み合わせてV12エンジンを搭載し、さらにスピードスター化したというクルマ。
限定台数は88台で、残念ながら公道走行は不可能だとされています。

a3

マニー・コシュビン氏はアストンマーティンの重要顧客なので、こういった「招待」も受けたようですが、今回同氏はこれを「見送り」。
以前には「ロングノーズが好きだ」とも語っているものの、フロントスクリーンの無いスピードスターがあまり好きではないのかもしれません。

a2

アストンマーティンが88台限定、1億円超のV12スピードスター発表!700馬力、フロントスクリーンなし、最高速度は300km/h

そして次はベントレー・バカラル。
こちらも同様に「招待」を受けたそうですが、ベースとなるコンチネンタルGTからあまり変わりがなく、その割に価格が2億円超というところがイマイチだとコメント。
もしもドアが「EXP100」のような巨大なバタフライドアであれば買っていた可能性が高かったようです。

a

ベントレーが「ほぼ100年ぶりの」2シーターとなる”バカラル”を発表!出力659馬力、1台2.2億円の超高級GT

そしてブガッティ・シロン・プル・スポール。
こちらは軽量そしてスパルタンな仕様を持っていますが、マニー・コシュビン氏はあまりそういったクルマに興味はない(ラグジュアリーな方が好み)模様。
もし「超高級仕様のシロン」が発売されたら買うのかも。

a5

たぶん固すぎて乗れん!ブガッティ・シロンの限定モデル「プル・スポール」発表。軽量化に巨大ウイング、価格は3.9億円

次は4シーターハイパーカーのケーニグセグ・ジェメラ。
このクルマについてはかなり感銘を受けたようで、「次にエルメス仕様を作るとしたらこの車になるかも」。
まだオーダーをしてはいないようですが、買うことに決めたのは間違いなさそう。
4シーターハイパーカーということ「家族揃って乗れる」ということが魅力的だと語っており、たしかにそういった需要もあるのか、と気付かされますね。

a4

ケーニグセグが4人乗り、1700馬力の「ジェメイラ」発表!エンジンは2リッター3気筒、モーターは1100馬力

同じケーニグセグの「ジェスコ・アブソリュート」。
おそらくは世界最速記録を打ち立てることになると思われるハイパーカーで、これに対しては「買った」と明言しています。
すでにジェスコをオーダー済みではありますが、ケーニグセグは「お気に入りブランド」のひとつでもある模様。

j

イメージはF-15戦闘機!最高速チャレンジ仕様のケーニグセグ・ジェスコ”アブソリュート”登場

そしてこちらも「買った」というマクラーレン675LT。
720Sの超ハードコア版となるクルマですが、この人は「億」以上のクルマにしか興味がないと思っていただけにちょっと意外(675LTも保有しているので、ロングテールシリーズは特別扱いかのかも)。
ちなみにマクラーレンも「お気に入りブランド」のひとつだそうです。

a7

もうどこにも敵はいない!マクラーレンが驚異のスペックを誇る「765LT」発表。-79キロ、765馬力、0-100km/h加速2.7秒

5台のみ限定のピニンファリーナ・バッティスタ・アニヴェルサリオ。
こちらは「招待を受けなかった」ので購入権がなかったようですが、それについてマニー・コシュビン氏は「通常バージョンのバッティスタをまず買う必要があったんだろうな」とのこと。
あまりエレクトリックカーには興味を示していないようにも見えますね。

aaa

【動画】1900馬力、3.2億!ピニンファリーナのハイパーカー「バッティスタ」に5台限定の”アニヴェルサリオ”が追加

VIA: Manny Khoshbin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アストンマーティン(Astonmartin), >スウェーデンの自動車メーカー, >ベントレー(Bentley), >ブガッティ(BUGATTI), >その他イタリア車, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5