●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンにトラブル発生!まさかの「アイドリングストップ作動後にエンジンが再始動せず」エンスト状態に

投稿日:2020/04/06 更新日:

| こういったときは慌てずに、キーを「OFF」に戻してからエンジン再始動 |

さて、ポルシェ718ケイマンになんとなくトラブルっぽい症状が発生。

現在は問題なく機能しており再発はないものの、はじめてのトラブルだけにちょっとびっくりした次第です。

そのトラブルの内容ですが、簡単に言うと「車両停車寸前にアイドリングストップ作動でエンジン停止→そのままエンジン再始動できず」というもの。

ポルシェ718ケイマンにはアイドリングストップ機能がデフォルトで装着されているのですが、これは燃費を稼ぐために「完全に車両が停止する前からエンジンをストップ」させる(つまりクルマが動いていてもエンジンが止まる)というロジックを持っています。

現在のポルシェはおおよそこのロジックを採用していて、しかしこれを知らずに運転していると「え?車が動いてるのにエンジン止まったよ!?え?え?」ということになりかねません。

まさかのアイドリングストップからの「エンジン始動不可」

ただ、これは闇雲に「低速になると」エンジンを止めているわけではなく、様々なセンサーからの情報に基づき「このクルマはまもなく完全停止する」と車両側コンンピューターが判断した場合にのみエンジンを止めることになり、日本の渋滞時によくある「止まるのか止まらないのかわからない」「止まったと思ったらすぐ発進」という状況では頻繁にアイドリングストップが作動することに(ちゃんと再スタートできれば正常なので心配の必要はない)。

そしてトラブルが発生した際も同様に渋滞していて、ちょっと進んでは止まるという状態を繰り返していたわけですね。

そんな中、ちょっと動いてアクセルを抜いた際にアイドリングストップが作動し、このときに「あれ?いつもよりアイドリングストップが作動るすのがちょっと早いな」とは感じたものの、能天気なぼくは「まあいっか」と判断。

ただ、そのあとにブレーキペダルを離しアクセルを踏むと自動的にエンジンがかかるはずなのに「キュルキュルキュルキュル」という音(スターターほども力強くない)がするばかりでエンジンが始動せず、当然クルマが動かないという状態に陥っています。

しかしながらぼくは、これまでにも何度か、そして様々なクルマにてトラブルを経験しているので、こういった場合は「ギアをPに入れ、いったん全ての機能を停止させたのち、再び手動でエンジンをスタートさせればなんとかなる」と直感的に判断し、実際にエンジンを手動にて始動させると何事もなかったのように走行が可能となっています。

つまりは「エンストして走行不可能」という状況になるものの、メーターパネル内にはエラー表示などは表示されておらず、したがってエラーログも残っていないと思われ、かつ今のところ状況が再発していないのでポルシェセンターにも持ってゆかずそのままにしていますが、ちょっと気持ちの悪いトラブルではありますね。

なお、輸入車はセンサーの数が多すぎたり電子制御が細かすぎるのか、もろもろのリコールを見てもわかるとおり「エンジン制御プログラム」「トランスミッション制御プログラム」に関する問題が少なくはなく、しかし何かあった際には(経験上ですが)「とりあえずいったん完全停止させて再始動」にてほとんどの状況は改善すると認識しています。※以前にランボルギーニ・ガヤルドにて、交差点上で「ギアが入らなくなる」というトラブルに直面した際もこれで回復した

そして何らかのエラー表示が出ている場合にはディーラーに持って行ってログをチェックしてもらうことになりますが、とにかく何らかのトラブルに直面した際には「まずは停止させてから再始動」と覚えておいてほしい、と思います(こういったトラブルが出たままの状態でエンジン再始動を行おうとしてもスタートできない場合が多く、”いったん完全停止”というのがミソ。キーを回すタイプのクルマであれば、キーをいったんオフの位置まで戻す)。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5