>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのミニカーや小物 ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

まさかの「ランボルギーニ×シュプリーム」!ランボらしいカラー採用、そしてファイティングブルがドドンと前面に

投稿日:

| ただしシュプリームロゴはかなり控えめ |

lamborghinii-supreme

ランボルギーニが突如として「シュプリームとのコラボ」を発表し、そのコレクションを発表。

内容としてはもちろんシュプリームらしくスケートボードにはじまり、オーバーオール、フード付きジャケット、Tシャツ、ホッケーシャツ、ニットキャップ等が含まれます。

シュプリームはこれまでもルイ・ヴィトン、バンソン、シンプソン、ナイキ、リモワ等とのコラボレーションによる製品を発表しているものの、おそらく自動車メーカーとのタイアップは今回がはじめて。

シュプリームとのコラボで勢いがついたリモワ。今度は「透明」のスーツケースを発表

シュプリームは株式売却によってその方向性が大きく変わった

なお、シュプリームは一昔前までは「ハードコアなスケーター御用達ブランド」もしくは「Bボーイ御用達ブランド」として知られ、ショップの前にはブラックのロールスロイスやベントレーがよく並んでいたものですが、2017年に株式の過半数を投資グループのカーライルに売却した頃から急激に一般化を目指すことに。

代表的なのはルイ・ヴィトンとのコラボであり、これらを芸能人やユーチューバーが着用したことで一気に「ニッチからメインストリームへ」とその軸足を移しています。

これによって旧来のファンの多くが失われたと言われたものの、新しいファンを多数呼び込めたのは間違いなく、コラボ相手のルイ・ヴィトンも「シュプリーム以前と以降」では客層がガラリと変わり、10代、20代の若者で店内があふれることに(つまりはブランドの若返りに成功した)。

v22

なお、これら(ルイ・ヴィトン等との)の「コラボ以前」だと、シュプリームの売上の半数は日本だと言われていて(2017年では11店舗中6店舗が日本に存在)、しかし現在では世界規模での高い人気を誇っており、「ドバイ一リッチな少年」は自前でシュプリーム仕様のフェラーリF12を作ってしまったことも。

ferrari-f12-supreme-lv-01-copy

「あの」シュプリーム×ルイ・ヴィトン仕様のフェラーリが中古市場に。2100万円でお買い得

ランボルギーニが今回シュプリームと手を組んだのも、ルイ・ヴィトン同様に、「ブランドの若返り」を狙ったものなのでしょうね。

ランボルギーニ×シュプリームはこんなコレクション内容

そしてランボルギーニ×シュプリームとしてはこんなコレクションが登場。

「ブラック×イエロー」というランボルギーニのカンパニーカラーに加え、「オレンジ」「グリーン」といった、最近ランボルギーニが推しているカラーを採用し、シュプリームのロゴは珍しい筆記体も見られます。

一番左はブラックにイエローを使用した、もっともランボルギーニらしいコンビネーションですね。

v4

ジャケット類は流行りのオーバーサイズ。

フード部分に「Supreme」のロゴ入り。

v2

Tシャツは意外と普通で、ランボルギーニ・ストアで販売されるものと大差ないようですが、そのロゴサイズがけっこう大きいようです(最近はランボルギーニ・ストアで販売される製品のロゴやエンブレムも大きくなっている)。

v7

いずれも「Supreme」ロゴが非常に控えめなのがちょっと意外(これまでのシュプリームによるコラボ製品は、そもそも製品のカラー自体がシュプリーム色=レッドだったりした)。

v17

こちらは超ビッグシールド。

lamborghinii-supreme

もちろんスケートボードも。

v5

ランボルギーニとアパレルというところだと、これまでには「ハイドロゲン」、「メローラ(グローブのみ)」とのコラボレーションが有名。

バッグだと「テクノモンスター」、シューズだと「ミズノ」とのコラボレーション製品もありますね。

その他、最近だとデンマークのキッズウエア、「KABOOKI」とのパートナーシップ契約も発表されています。

VIA:Supreme, Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニのミニカーや小物, ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5