●ポルシェ718ケイマン(982) >その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンのキーカバーを変更!「あの」ピンクピッグ仕様だッ!

投稿日:

| キーカバーを変更するのは久しぶり。気分が変わっていい感じ |

L1210871

さて、久しぶりにポルシェ718ケイマンのキーカバーを刷新。

これまでは「イエローとレッドのカバーに対してキー本体の「ブラック」をあわせ”ドイツ国旗カラー”というカラーリングを実現していたわけですが、イタリアやフランス国旗のカラーとは異なり、どうも「ドイツ国旗」というのはあまり馴染みがないためかしっくりこず、しかしほかになにか魅力的な選択肢があったわけでもないためにダラダラとこのカラーを使用し続けていた、というのが実情です。

ポルシェのキーは「着せ替え」が可能

ポルシェのキーは左右が「カバー」になっていて、純正だとここは樹脂そのままのブラック(ぼくのはドイツ国旗カラー/カーボンに交換済み)。

ただしこのパーツはかんたんに取り外すことができ、好きなカラーや素材に交換が可能です。

L1210858

もちろんポルシェ純正でもカバーが用意されているものの、その金額がけっこう高く(2万円ちょっと)、しかし社外品だと2,000円〜3,000円くらい。

よってぼくは社外品を使用するようにしていますが、今回購入したピンクピッグも社外品。

L1210861

ちなみに以前にはこういった「グラフィック入り」のキーカバーは存在しなかったのですが、先日ふとアマゾンを見るといくつかのパターンが販売されていて(ポルシェ キーで検索すると出てくる)、あのピンクピッグが登場したということで即買いしています。

L1210863

キーカーバーの着せ替えについては非常にかんたんで、キーの後ろの方からカバーを外側に引っ張り、そのままパカっと取り外します。

L1210864

装着するときは逆に前方から取り付けることになりますが、これもただパチンとはめ込めばOK(先っちょの細い部分は割れやすいので要注意)。

L1210865

そしてこちらが交換した状態。

L1210867

本来はキーの中央部分までピンクに変更するパーツも交換するようですが、この部分まで交換すると「あまりにピッグ」すぎるために左右部分だけの交換にとどめています。

L1210863

なお、もうひとつのキーに使用しているのはカーボン製カバー。

これはフェイクではなくリアルカーボンですが、たぶん7,000円くらいだったんじゃないかと記憶しています。

L1210860

いくつかの自動車メーカーでは、こういった「着せ替え」ができたり、様々なカバーを装着して楽しめるように配慮したキーがありますが、ポルシェのような「質実剛健な」メーカーがこういったキーを採用するのはちょっと驚きではありますね。

L1210857

ピンクピッグとはなんぞや

そして「ピンクピッグ」ですが、これは1971年のル・マンに参戦したポルシェ917/20を指す名称。

またの名を「雌豚ベルタ」「トリュフハンター」というそうですが、おそらくはピンクピッグという呼称がもっとも一般的かもしれません。

146e8768-91d4-4bec-87ff-aa2e97a9346e

この917/20は「917」と名がつくものの、それまでの917とは異なって「丸っこい」ボディを持っており、いかにも鈍重そうなこのクルマを見たときに(スポンサーの)マルティニが「この豚みたいなクルマにはマルティニカラーやロゴを用いることはまかりならぬ」とポルシェに通達し、例によって皮肉屋のポルシェは917/20に「豚」と誰が見てもわかるカラーリングを施してしまったというのがこの”ピンクピッグ”誕生の真相だとされています。

しかしながらこのカラーは非常に人気があるそうで、ポルシェミュージアムでも917/20は一番人気だといいますし、

1024px-Porsche_917-20_Pink_Pig_Sau_1971_frontright_2009-03-14_A

ポルシェ純正「ドライバーズ・セレクション」でもピンクピッグTシャツを販売中。

porsche-pinkpig

ポルシェが「まさかの」ピンクピッグTシャツを発売した!ポルシェセンターへ急げ!!

さらには限定にて911用のカーカバーが発売されたり、BBQ用のエプロンもリリースされています。

porsche-bodycover-pinkpig

ポルシェ純正OPに新作登場!ピンクピッグボディカバー、ホイール用ストライプ、911スピードスター用エンブレムも

さらにはル・マン24時間レースにピンクピッグカラーの911RSRを参戦させたことも。

40737939400_944d1c5da3_b

ポルシェが公式であの「ピンクピッグ」、伝説の「ロスマンズ」を復刻。ル・マンに出走

そう考えると、サードパーティーではなくポルシェこそがまっさきにこの「ピンクピッグキーカバー」を発売すべきであったのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ポルシェ718ケイマン(982), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5