>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

やっぱりアル/ヴェルには「金」!ゴールドをモチーフにした特別仕様車アルファード「S"TYPE GOLD"」、ヴェルファイア「Z"GOLDEN EYES"」発売

投稿日:2020/04/21 更新日:

| もうちょっとゴールド部分を増やしても良かったかも |

toyota-alphard

トヨタがアルファードとヴェルファイアに「ゴールドをテーマにした」特別仕様車を発売。

アルファードには「S"TYPE GOLD"」、ヴェルファイアには「Z"GOLDEN EYES"」を設定しています。

まずはアルファードS"TYPE GOLD"ですが、こちらの特徴は「ゴールドのエンブレムとスモークメッキ/ブラックメタリック塗装のフロントグリル、スモークメッキ加飾付きのボンネットフードモール、フロントバンパーモール、バックドアガーニッシュ」。

つまりはブラック/スモークの中にゴールドが浮き上がるといったイメージで、ボディカラーについてはラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(カラー名長い!)、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、スパークリングブラックパールクリスタルシャインの4色。

11

ホワイト×ゴールドも上品でいい組み合わせだと思いますが、やはり実際に売れるのはブラック系なのかもしれません。

価格については、S”TYPE GOLD”(ガソリン/2WD)が4,240,000円、S”TYPE GOLD”(ガソリン/4WD)が4,495,000円、S”TYPE GOLD”(ハイブリッド/E-Four)が5,040,000円という設定です。

ヴェルファイアZ"GOLDEN EYES"はゴールド加飾のヘッドライト

そしてもう一方のヴェルファイアZ"GOLDEN EYES"については、その名称の通りヘッドライトベゼルが「ゴールド」に。

そのほかではブラックメッキ加飾のフロントグリル/LEDフロントフォグランプモール/バックドアガーニッシュ/リアランプガーニッシュが採用。

intro_spe_img1

両者とも「ゴールド」が使用されるのは「エンブレム」もしくは「ヘッドライト」というワンポイントとなっていて、ホイールやエンブレム類がゴールドになるというわけではないようです。

41

こちらのボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン、バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレークの4色。

価格については、ヴェルファイアZ"GOLDEN EYES"(ガソリン/2WD)が4,240,000円、ヴェルファイアZ"GOLDEN EYES"(ガソリン/4WD)が4,495,000円、ヴェルファイアZ"GOLDEN EYES"(ハイブリッド/2WD)が5,040,000円という設定です。

アルファードには「S"TYPE GOLD"」、ヴェルファイアには「Z"GOLDEN EYES"」のインテリアこうなっている

そしてこの両者のインテリアについてですが、専用シート(パーフォレーション=パンチング加工ウルトラスウェードと合成皮革とのコンビ)、メタルウッド加飾つき4本スポークステアリングホイール、ルーフとピラー内張りにはブラックの生地を採用。

そのほか、パワーバックドア、LED採用コーナリングランプ、ウェルカムパワースライドドア機能も装備している、とのこと。

77

いずれも「ちょっとした」変更で魅力を向上させた特別仕様車ということになりますが、ロールスロイス「ブラックバッジ」シリーズのように、もうちょっとブラック部分を増やしたり、ホイールをブラック(と切削加工)にしてみたほうがもっと売れるんじゃないかと思ったり。

その上でゴールドエンブレムやモールなどのオプションを用意すれば一部には人気が出るかもしれず、トヨタはもうアルファード/ヴェルファイアについては”割り切って”そっち方面に振ってしまったほうがいいのかもしれません。

ちなみに「ゴールドエンブレムのオプション」というと、バブル期の日産が「24金メッキ」エンブレムを用意していたり、ホンダも「金メッキエンブレム」をラインアップしていましたが(もしかすると、車種によってはまだ提供されているかも)、数は少ないながらも「ゴールド」には一定の需要があるのだと考えられます。

VIA:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5