>マクラーレン(McLaren)

1996年の「マクラーレンF1 GTR」と同じカラーリングを再現した「P1 GTR-18」公開!カラーコードまでが当時と全く同一

投稿日:2020/05/11 更新日:

| 製作したのはマクラーレン・スペシャリスト”ランザンテ” |

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (6)

イギリスのレーシングファクトリー、ランザンテ。

マクラーレンとの関連性が深く、サーキット走行専用モデルであるP1 GTRを公道走行可能な仕様へとコンバートすることでも知られます。

公道仕様へと変更された車両は「P1 LM」「P1 GT」といった呼称が与えられ、現時点ではP1 GTR総生産数のなんと半数がロードバージョンへと変更されている、とも。

ちなみにマクラーレンP1 GTRはマクラーレンP1(375台限定)のオーナーのみを対象に58台が販売されていますが、昨年末の時点で28台がすでにロードカーへとコンバート済みだそう。

サーキット専用「マクラーレンP1 GTR」の半分がなんと「公道仕様」へとコンバートされていた!そのうちの1台をマクラーレン正規ディーラーが4.2億円にて販売中

この記事のもくじ1 | 限定販売台数58台のうち、少なくとも28台がロードカー仕様へと変更されている |1.1 ランザンテはマクラーレン公認のチューナー1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を ...

続きを見る

ランザンテの新プロジェクトは「P1 GTR-18」

そして今回公開されたのは、そのランザンテの新プロジェクト、P1 GTR-18。

この個体は「6台が製造される」P1 GTR-18の最初のクルマで、カラーリングは1996年にチーム・ダビドフよりレースに参戦したシャシーナンバー28RのF1 GTRとまったく同じ。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf

なお、この「同じ」というのはパターンのみではなくカラーコードすらも同じだそうで、このあたりは「さすがランザンテ」。

ちなみに当時のマクラーレンF1 GTRはこちら。

e0b7b7f26446098186ed4351078640ac

これと比べると、ミシュラン、ケンウッド、ダビドフ、ガルフといったスポンサー、そしてドライバー名の表記はないものの、たしかにカラーリングは「完全一致」のように見えます。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (1)

ランザンテは1995年のル・マンにてマクラーレンF1 GTRで出場し優勝を記録しており、これによって「マクラーレン・スペシャリスト」としてマクラーレンに認められることとなっていますが、この活躍によって大きく地位を上げたようですね。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (2)

「ガルフカラー」は1901年創業の石油会社「GULF」がフォードのルマン参戦にあたりスポンサーとして資金を提供し、その見返りとしてGT40にカンパニーカラーである「ブルーとオレンジ」を採用させたのがはじまり。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (5)

これまでにもフォードのほか、マクラーレン、ポルシェ、アストンマーティン、アウディなどに協賛し、それぞれのメーカーの車を「ガルフカラー」に彩っていますが、「ブルー」については明確な定義がないようで、フォードやポルシェのような「淡いブルー」、さらにはこのマクラーレンのように「ネイビー」を持つレーシングカーも。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (3)

そしてマクラーレン自身もこの「シャシーナンバー28Rのチーム・ダビドフマクラーレンF1 GTR」を重要資産だと位置づけており、2018年には同様のカラーリングを身にまとう675LTを作成し公開したことも。

1996年のマクラーレンF1レースカー同様のカラーを持つ675LTが公開。カスタムには1000時間以上

| 伝説的カラーを身にまとったマクラーレン675LTが誕生 | マクラーレンが675LTに1996年にレースを走った「ガルフ・ダビドフGTCマクラーレンF1 GTR ロングテール」のカラーリングを反映 ...

続きを見る

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (4)

ポルシェやアストンマーティンも公式にて「ガルフカラー」を再現した車両を公開したことがあるものの、現在はガルフとのスポンサー契約が終了しているためか、「ガルフ(GULF)」のロゴは入っておらず、それは今回のマクラーレンP1 GTR-18も同様。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (7)

こちらはマクラーレンP1GTR-18のインテリアですが、なぜかセンターにはインドっぽいマーク。

この車両をオーダーした人がインド人なのかもしれませんね。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (10)

シートのヘッドレスト部分には「P1 GTR-18」のロゴ。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (9)

なお、このマクラーレンP1 GTR-18は完全に合法に公道を走れるそうです。

lanzante-mclaren-p1-gtr-18-gulf (8)

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5