>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ジャパンからオーナー向けに手紙とパスタセットが届いたぞ!レシピ通りに作ればランボの”地元”サンターガタ風パスタができるようだ

投稿日:2020/06/03 更新日:

| 自分では買うことがない食材ばかりで、これは嬉しい |

L1220478

さて、先日イタリア本社工場での車両生産を再開したランボルギーニですが、今回ランボルギーニ・ジャパンよりありがたい贈り物をいただいたのでここで紹介したいと思います。

簡単にいうといただいたギフトは「パスタのセット」。

パスタ、ソース、チーズ、オリーブオイルがセットとなったもので、もしお金を出して購入すればけっこう高価なものだと思われます。

パスタセットの内容はこうなっている

こちらが今回いただいたセット。

ランボルギーニのロゴが入った、しっかりした箱に入っています。

L1220570

そして一通の手紙入り。

L1220571

内容としてはアウトモビリ・ランボルギーニジャパンマネージングディレクターのフランチェスコ・クレシ氏 の署名入りで、コロナウイルスに関連するランボルギーニの状況、そして取り組みを示したもの。

L1220586

こちらはタリアテッレ(Pasta di Aldo)。

タリアテッレとは平べったいパスタを指し、表面積が広いのでソースとの絡みがいい、とされていますね。

L1220581

バッキ(BACCHI)のエクストラヴァージン・オリーブオイル。

「シチリア西部で収穫した希少な土着品種チェラスオーラを100%贅沢に使用した高級オリーブオイル」という記載があります。

L1220577

グラナ・パダーノ(チーズ)。

「イタリアの北部ポー川流域で作られているチーズで、パルミジャーノ・レッジャーのと並び人気の高い風味豊かなチーズです。1年以上の熟成期間を要する非常に硬質なチーズで、粉末になりやすく料理にも良く合います」と紹介されていて、ランボルギーニの本拠地であるエミリア・ロマーニャ州周辺の特産品であるようですね。

L1220574

ビオ(BIO)チェリートマトソース。

イタリアはマルケ州産とのこと。

L1220575

そしてこのパスタセットの調理方法も封入されていますが、この食材をセレクトしたのは麻布十番にあるレストラン、「Di Giorgio」のシェフ、ジョルジオ・マテラ氏。

L1220584

このDi Giorgioは昨年大阪にて開催された「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」のケータリングも担当していて、当日なぜかぼくはジョルジオ・マテラ氏とふとしたことから話をすることになり、「イタリアと日本とは共通点があって、タコやからすみを食べる」といった話で盛り上がることに(せっかくお誘いいただいたので、一度予約してレストランに行ってみようと思う)。

年に一度のランボ祭り!「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」へ行ってきた(前編)。チーフデザイナーに会ってデザイン画に名前を入れてもらってきたぞ

この記事のもくじ1 | 日本にこれだけのランボルギーニがいたのかと驚かされる |1.1 まずはパーティー会場へ1.2 パーティー会場はこんな雰囲気 | 日本にこれだけのランボルギーニがいたのかと驚かさ ...

続きを見る

これらの食材を使用すれば「タリアテッレ・サンターガタ」、つまり「(ランボルギーニ本社のある)サンターガタ地方風のパスタ」ができあがるということになるようですが、ランボルギーニらしい気の利いたギフトでもあり、さっそく作ってみようと思います。

L1220583

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5