>三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) ■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

警察が発電機泥棒宅を捜査→思いがけずランエボ、WRX STiなどホモロゲーションモデルばかり盗難車が26台も見つかる

投稿日:2020/05/16 更新日:

| これらに目をつけるとはなかなかにいい趣味をしている |

lancer-evo

泥棒のアジトを捜索したら思わぬ掘り出し物が出てきた、というニュース。

これはスペインでの出来事で、建設現場から発電機等を盗んだカドで家宅捜査を受けた男性(42歳)の拠点から数々のレアカーが見つかった、というもの。

これらレアカーは合計26台保管されており、いずれもヨーロッパ各国から盗まれたもので、これらはホモロゲーションモデルばかりという、盗人ながらも「なかなかいい趣味してるじゃない」と感心せざるを得ない内容となっています。

なかなかこれらのクルマが揃うことはない

報じられたところでは、ルノーR5ターボ、三菱ランサー・エボリューション、スバル・インプレッサWRX STi、フォード・エスコートRSコスワース/シエラ・コスワースRS、ランチア・デルタ・インテグラーレ、メルセデス・ベンツ190E 2.5-16EVO II、BMW M3(E30/E36)、プジョー205GTIなど。

このメンツを見るに、主にラリー用のホモロゲーションモデルということになりますが、これらのモデルはいずれも近年価格がどんどん上昇しており、目の付け所は「あっぱれ」と言えそう。

なお、画像を見るとボディカラーは「ホワイトばかり」ですが、一般にこれらホモロゲーションモデルは「モータースポーツ参加が前提」なので、スポンサーカラーに塗りやすかったり、スポンサーステッカーを貼りやすいように白色のボディを採用することがほとんど。

silverstone-auctions-ford-sierra-3cosworth-rs500

また出た80年代の変態車、フォード・シエラ・コスワースRS500。価格は上昇し続け1500万円以上に

この記事のもくじ1 | また出たフォード・シエラ・コスワースRS500。公道仕様でもECU交換で500馬力以上に |1.1 フォード・シエラ・コスワースRS500とは?1.2 合わせて読みたい変態車関 ...

続きを見る

これらの中だとランエボやインプレッサWRX STiはまだまだ価値が低いほうですが、これらの価格も追って上がってくるのは間違いなさそうですね。

なお、車名があがっている中でラリー用ではないのはメルセデス・ベンツ190E 2.5-16EVO IIで、これはツーリングカーレースのホモロゲーション取得用に502台(503台説もある)のみが製造され、日本にも3台のみが正規輸入されたという記録が残ります。

mercedes-benz-190e-25-16-evo-ii-recreation-2

またまた登場、メルセデス・ベンツ190E 2.5-16 EvoII。速さだけを求めたチューンが施され2500万円

| メルセデス・ベンツは昔からけっこう過激なクルマを作ってきた | 25年ルールによってアメリカに入るようになったメルセデス・ベンツ190E 2.5-16 Evolution II。これまでも何度かオ ...

続きを見る

もちろんこれらのクルマは押収されたのちに然るべき調査がなされ、もとの持ち主のもとへ返されるのだと思われます。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->三菱(MITSUBISHI), >スバル(SUBARU), ■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5