>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダー国内最速展示を見てきた!内外装オプションてんこ盛りの仕様を見てみよう

投稿日:2020/06/22 更新日:

| ”スパイダー”はクーペよりもウェッジシェイプが強いようだ |

さて、ランボルギーニ大阪さんにて「国内最速」展示されているランボルギーニ最新モデル、「ウラカンEVO RWDスパイダー」を見てきたので、画像と動画にて紹介したいと思います。

ウラカンEVO RWDスパイダーは先日29,193,598円(税込み)にて発売が開始されていますが、「かなり問い合わせが多い」モデルだそう。

展示車のボディカラーは「アランチョ・ボレアリス」、160万円程度のオプションカラーですね。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダー発表!ピュアなドライビングエクスペリエンスを追い求めたオープンスーパースポーツ、価格は26,539,635円

この記事のもくじ1 | オープントップ・エクスペリエンスの興奮がここにある |1.1 ウラカンEVOのモデル構成はこんな感じ1.2 ウラカンEVO RWDスパイダーはこんなクルマ1.3 ウラカンEVO ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダーはこんなクルマ

さて、ここでその展示車を見てみたいと思いますが、フロントはクーペモデルのEVO RWDと同一デザイン。

L1230540

フロントのリップ部は左右に「トンガリ」がみられるものの、センター部は奥に引っ込んでいるので、意外や「段差に正面から入っても」擦りにくい構造となっています。

L1230560

そしてドア上部後端にはクーペにはない「三角」のパーツが取り付けられ、これを起点にリアデッキにかけてベルトラインが上がってゆきます。

L1230632

もちろんルーフを格納するためにリアのマスが大きくなっており、それを自然に見せるためではありますが、このラインのおかげでクーペよりもウェッジシェイプが強く感じられますね。

L1230633

この車両はスタイルパッケージ(ハイグロスブラック)が装着されているため、フロントリップやサイドステップ下部、ダクト、リアディフューザーなど各部がグロスブラックにペイントされています。

L1230545

ホイールは20インチ鍛造/シャイニーブラック、ホイールボルトはチタン製、ブレーキキャリパーはオレンジペイント(いずれもオプション)。

ブレーキローターは標準装備のスチール(ウェーブローター)。

L1230542

リアフェンダーはクーペとは異なる形状を持つ専用デザイン。

L1230575

リアフードももちろん専用デザインです。

L1230577

リアウイングはフロート形状のダックテール。

L1230590

テールパイプは極太二本出し。

L1230580

リアディフューザーは(スタイルパッケージに内包される)グロスブラック。

形状そのものはウラカンEVO RWDクーペと同じ「縦方向に大きな」形状です。

L1230595

なお、実際にウラカンを運転していて思うのは、おもいのほか視界がいい、という事実。

その理由はいくつかありますが、まず述べておきたいのは、サイドウインドウ先端が下がっていること、そして三角窓があることで、これによって斜め前方の視界がかなり大きく開けていることになります。

加えて、ドアミラーのステーが「前に出ている」ことによってドライバーとミラーとの距離が長くなり、左右のミラーを確認する際に、「グリン」と頭を振らなくても済み、チラリと視線を移動させるだけで済むわけですね。

さらにはダッシュボードが低いので前方の視界も優れ、体を動かしにくいバケットシートに体を沈めていても、周囲の確認は「ほぼ前を見たまま、体を動かさずに」できることになり、これは高い速度で走行するスーパースポーツにとっては非常にありがたいと感じる部分。

L1230547

ウラカンEVO RWDスパイダーのインテリアはこうなっている

そしてこちらがウラカンEVO RWDスパイダーのインテリア。

オプションがテンコ盛りとなっており、装着されていないのは「フォージドコンポジット(鍛造カーボン)」のパネル類くらいじゃないかと思えるほど。

ざっと見たところではスポーツシート、EVOトリム、レザーパイピング付きフロアマット、ステアリングホイールコントラストステッチ、センソナム(オーディオシステム)等。

L1230627

ヘッドレストにはランボルギーニクレスト(エンブレム)のステッチ、シーfとバックには「HURACAN EVO」とイタリアンフラッグのステッチ。

L1230630

EVOトリムなのでパイピング付き。

L1230623

この「新」スポーツシートからレバーやダイヤルがずいぶんオシャレになっていますね。

L1230622

シートを前後させるレバーもちょっとオシャレ。

イタリア語が刻印されていますが、ランボルギーニの内装表示はメーター含めて基本「イタリア語(”OIL”は”OLIO”など)」。

もちろんこれは「イタリアン」そしてエキゾチックなイメージを演出するためです。

L1230608

そのほかの画像はFacebookのアルバム「LamborghiniHuracan EVO RWD スパイダー」に保存中。

ランボルギーニ大阪
住所:561-0834 大阪府 豊中市 庄内栄町2-21-20
電話:06-6151-3057
Facebookページ
地図

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5