>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati) >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【今日のニュース:スーパーカー編】フェラーリSF90ストラダーレがメディア向けに貸し出し開始、ポルシェ911ターボSがランボルギーニやフェラーリより速いタイムを記録etc.

更新日:

| どうやらスーパーカーの速さは新しい次元へと突入したようだ |

さて、今日のニュースダイジェスト「スーパーカー」編。

まずはフェラーリSF90ストラダーレですが、今回はメディアに貸し出してのテスト動画が公開されています。

すでに数台の(SF90ストラダーレの)プロトタイプが存在すると報じられており、フェラーリの作成したショートムービー「ル・グラン・ランデブー」にも登場したほか、つい最近は新型ハイブリッドと連なって走行する姿、そしてフィオラノ・サーキットを走行する姿が捉えられたばかり。

【動画】フェラーリがSF90ストラダーレの新動画を撮影中!豪快なテールスライドを見せる

この記事のもくじ1 | フェラーリも「操る楽しさ」にシフト |1.1 フェラーリといえども慎重に市場浸透を図る1.2 動画ではスピン直前と思えるほどのドリフトアングルを披露 | フェラーリも「操る楽し ...

続きを見る

今回の動画もおそらくはフィオラノ・サーキット内だと思われ、そしてテストするのはMotorsport Magazine。

動画内では思いっきり加速し時速200キロに達する様子が収められています。

参照:Motorsport Magazine

ポルシェ911ターボSはやっぱり速かった

そして次はドイツのカーメディア、Autobildが新型911(992)ターボSをサクセンリング・サーキットに持ち込んでテストする動画。

ラップタイムとして1:30.48を記録していますが、これは歴代4位に相当するタイムであり、1位はポルシェ911GT3RSの1:26.39、ついでポルシェ911GT2RSの1:26.61、3位はマクラーレン720Sの1:29.46。

なお5位はランボルギーニ・ウラカンEVOの1:39.94、6位はフェラーリ488GTBの1:30.99と続き、まさにこのタイムは驚異的です。

なお、これからポルシェは911GT3RS、もしかすると911GT2RSを発表することになると思われますが、これらは「さらに今回の911ターボSよりも速い」タイムを記録する可能性もありそうですね。

参照:AUTO BILD SPORTSCARS

メルセデスAMG GTブラックシリーズは中国・成都で発表?

メルセデスAMG GTブラックシリーズは今年11月に発表されると言われていたものの、最新の噂だと7月24日に発表される、とのこと。

なお、発表の場は成都(中国)モーターショーだとされており、上海でも北京でもない中国のモーターショーにて、AMGのフラッグシップモデルが発表されるというのはかなり異例。

中国は「スーパーカー好き」ではあるものの、AMG GTブラックシリーズのようなハードコアモデルはさほど好まれず、よってそもそも中国でのワールドプレミアを選んだというのも「疑問」を感じる部分です。

ただ、現在中国においてこういったハードコアモデルが好まれないということは、裏返せば「マーケットとして(もしそれを好むようになれば)大きなポテンシャルを発揮する」ということにもなり、ほかメーカーがまだ中国向けにハードコアモデルのプロモーションに力を入れていない今だからこそ、メルセデスAMGは「もろもろの事情を承知で」中国に攻勢をかけるのかもしれませんね。

2021-mercedes-amg-gt-black-series-spy-photo

メルセデスAMG GT”ブラックシリーズ”最新試作車が目撃に。見るたびに変更が加えられ、妥協のない開発が進められているようだ

| 特にフロント周りのエアロパッケージは大きく変更されている | さて、久しぶりにメルセデスAMG GTブラックシリーズと見られるプロトタイプが目撃に。2月に目撃されたプロトタイプに比較するとカモフラ ...

続きを見る

参照:Motor1

マセラティは「イタリアンカラー」採用のスペシャルモデルでコロナ後を応援

イタリアはコロナウイルス封じ込めのためにかなりアグレッシブな政策を取っていますが、そのおかげもあって現在は徐々に元の生活を取り戻しつつある模様。

フェラーリは「コロナ後」における人々の生活を応援すべく短編映画「ル・グラン・ランデヴー」を公開していますが、今回マセラティは「イタリアントリコローレ」をボディ上に反映するオプションを新たに設定し”リニューアルプロジェクト”をスタートさせています。

現在このストライプを装着できるのは2020年モデルのレヴァンテGTS、レヴァンテ・トロフェオ、ギブリの3モデルのみで、しかもボディカラーはブラックメタリックのみに対応。

v

今後はマセラティ全モデル、そして他のボディカラーにも対応を広げる予定を持っているそうですが、オプション価格は約55万円。

金額だけ見ると「かなり高い」ように思えるものの、このストライプは職人による「ハンドペイント」であり、ランボルギーニやフェラーリの「ハンドペイントによるストライプ」は最低でも150万円程度のエクストラを要するため、それを考えると今回のリニューアル・プロジェクトはまだリーズナブルなのかもしれません。

【動画】フェラーリからのメッセージ!「社会活動正常化に向け、人々に希望を」。短編映画ル・グラン・ランデヴー公開

この記事のもくじ1 | 動画にはモナコのセレブも勢揃い |1.1 社会活動正常化に向けたフェラーリからのメッセージ1.2 オリジナルの「ランデヴー」はこんな映画 | 動画にはモナコのセレブも勢揃い | ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >フェラーリ(Ferrari), >マセラティ(Maserati), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5