>アウディ(Audi) ■ニュース

え?アウディR8はもう販売終了なん?最終限定モデルが30台のみ発売に(ただし北米のみ)

投稿日:

| 北米市場には、もともと日本で販売されていないR8のエントリーグレードが導入されている |

アウディが北米市場にて「R8 V10」の販売を終了し、記念限定モデルを発表。

え?R8はもう生産終了?と思ってしまいますが、アウディR8には「アウディR8 V10」と「アウディR8 V10パフォーマンス」とがあり、今回生産が終了するのは「R8 V10」のほう。

なお、日本で販売されているR8は「R8 V10パフォーマンス」なので、そのまま継続販売される、ということになりそうです。

ボディカラーは3色のみ

今回設定される最終モデルはボディカラーが「ムジェッロブルー」「アヴスシルバー」「ソノマグリーン」の3色に彩られ、限定台数は30台のみ。

クーペ、スパイダー両方に設定されるとアナウンスされており、クーペだと北米価格186,000ドル、スパイダーだと195,000ドル。

エンジンは変わらず5.2リッターV10/562HP、トランスミッションも標準モデルと同じく7速Sトロニック(デュアルクラッチ)が与えられています。

audi-r8-v10-limited-edition-model-2

逆に標準モデルとの相違といえば、R8 V10パフォーマンスに採用されるカーボン製のスウィエイバー(2kgの軽量化が達成できる)、これもR8 V10パフォーマンス譲りのスポーツエキゾーストシステム。

そのほかはアウディのパーソナリゼーションプログラム、「アウディエクスクルーシブ」によってアルミ風塗装が施されたドアミラーキャップが装着され、車体下部のトリム(フロントリップ、サイドステップの一部、リアディフューザー)、エンジンベイがカーボンファイバーに変更、そしてブレーキキャリパーがレッドにペイントされています。

ちなみにホイールは「シルバー」ですが、意外なことに「シルバーのホイール」がR8に採用されるのは(北米市場において)今回が初なのだそう。

audi-r8-v10-limited-edition-model-4

インテリアはボディカラーによって異なり、R8クーペだとムジェッロブルー(15台限定)の場合はパステルシルバー、アヴスシルバー(5台限定)だとブラックベースにレッドのステッチ、ソノマグリーン(5台限定)だとブラックインテリアにグレーステッチ(いずれもルーフ内張りはダイヤモンドステッチ仕上げ)。

なお、残る5台はR8 V10スパイダーとなりますが、こちらはムジェッロブルーにパステルシルバーという組み合わせのみとなります。

加えてメーターパネル、エアベント等いくつかのパーツがカーボンファイバー製へと変更されており、マットに関してはアウディ・エクスクルーシブによって仕上げられた「パイピングとステッチ」を持つ専用品が与えられるようですね。

残るアウディR8はハイパフォーマンスモデルのみ

上述の通り、北米市場においてはアウディR8の「ベースモデル」が消滅し、ハイパフォーマンスモデルのみが残されることに。

現行R8は「二代目」に相当しますが、初代R8(2006年~)には4.2リッターV8エンジン搭載車というエントリーグレードがあったものの、現行ではV8モデルがラインアップされておらず、一気に価格帯が「上」に移行しています。

そして今回はさらに「高価格なR8だけ」が残されることになっており、これは(R8の)販売台数があまり出ず、であれば「1台あたりの利益が高いモデルを残そう」という選択なのでしょうね。

ちなみにR8は販売台数こそ伸びないものの、インスタグラムへの投稿数、そして検索ボリュームでは常にトップもしくは上位をキープしている、という”奇妙な”状況にあるクルマです。

世界で最も検索されたスーパーカーは「アウディR8」!以下「ブガッティ・シロン」、ランボルギーニ・アヴェンタドール、ヴェイロン、ウラカンの順。日本でもやはりR8の検索ワードが最多

なぜアウディR8はこれほどまでに人気があるのか 調査会社、Veygoが「もっとも検索されているスーパーカー」という調査結果を公開。これはこの10年に発売されたスーパーカーとスポーツカーを対象に(コンセ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5