>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ミニ(MINI) >韓国の自動車メーカー >その他イギリス車 ■ニュース

【今日のニュース:新型車編】レクサスが北米でゼロハリ付NX発売、新型ミニJCWクロスオーバー登場、ヒュンダイがトヨタっぽい特別仕様車発売、TVRはまだ生産を諦めず

投稿日:

| 世界ではさまざまな事象が発生している |

さて、今日のニュース「新型車編」。

まずは北米市場にて、レクサスNXに「ブラックライン」が追加。

これはF Sportをベースにブラックアクセントを与えた特別仕様車で、1,000台のみが限定販売される、とのこと。

見たところ、先日日本で追加されたNX300h F Sport / NX300 F Sport”クール&ブライト”エディションと同様に装備を持っているように思います(ただし米国ではハイブリッドモデルのみのラインアップ)。

レクサスNXに小変更!あわせて”大人の色気ムンムン”な特別仕様車、”Spice & Chic” “Cool & Bright”が設定

この記事のもくじ1 | ここしばらくのレクサスは「和」をモチーフにした特別仕様車を連発している |1.1 特別仕様車レクサスNX300h/NX300“Spice & Chic”はこんなクルマ1 ...

続きを見る

そして面白いのは「専用色」である”グリシアンウォーターホワイト”が選べるということ(ただし画像は公開されていない)、そしてゼロハリバートン製のキャリーケースが2つ(22インチと26インチ)が付属すること。

日本ではレクサスとゼロハリバートンとの間に特別なパートナーシップはないようですが、米国では比較的密接な関係があるようで、たびたびレクサスの特別仕様車にオプションもしくは標準装備としてゼロハリバートンのバッグが用意されているようです。

2021-lexus-nx-hybrid-f-sport-black-line-1

参照:LEXUS

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバーがフェイスリフト

そしてミニは本国にて、新型ジョンクーパーワークス クロスオーバーを発表。

これはフェイスリフト版ということになりますが、その変更内容は「ごくごくわずか」(すでに発表された新型クラブマンとおおよそ同じ内容)。

ヘッドライトが新型に、テールランプがユニオンジャックへと変更され、テールパイプが若干太く、そしてヘッドライトベゼルやドアハンドル、「カントリーマン(日本ではクロスオーバー)」ロゴがブラックに。

ボディカラーについてはセージグリーン、ホワイトシルバー、ピアノブラックが追加されています。

2021-mini-jcw-countryman-5

新型ミニ クロスオーバー発表!前後バンパーのデザインがワイドでシャープに、OP充実でブラックアクセントやデジタルメーターが選べるように

この記事のもくじ1 | 内外装にも新カラー採用で高級感アップ |1.1 ボディカラーは2色が入れ替え1.2 新型ミニ・クロスオーバーのインテリアはこうなっている | 内外装にも新カラー採用で高級感アッ ...

続きを見る

インテリアだと5インチサイズのデジタルメーターがオプション設定され、センターメーターのディズプレイは8.8インチに、そして各部にはピアノブラックのアクセント。

エンジンについてはこれまでと変わらずに302HP/306PS、そのほか8速ATなどドライブトレーンもキャリーオーバーとなっています。

2021-mini-jcw-countryman-63

参照:BMW GROUP

ヒュンダイはやはりレクサスやトヨタを意識?

そして多くの人が興味を示さないヒュンダイネタですが、北米市場にて人気のSUV、「コナ」に特別仕様車”ナイトエディション”を追加。

LEDヘッドライト、セミグロスブラック仕上げのレイズ製ホイールを装着し、グリルサラウンド、ドアミラーなどにブラックアクセントを与えたことが特徴となっています。

この「ブラックアクセント」は北米では大変な人気があるといい、レクサス/トヨタ、フォード始め多くのメーカー/ブランドがブラックアクセントを与えた特別仕様車を投入。

ヒュンダイの場合はやはり、(その仕様からして)レクサスやトヨタを意識したんだろうなあ、という印象です。

2021-Hyundai-Kona-Night-Edition-1

参照:Hyundai Motors

TVRは未だ望みを捨てない

新生TVRは2019年に新型グリフィスを生産する予定であったものの、未だ現実としては「生産できず」。

TVR曰く、その理由はブリグジットにあるとのことですが、ここまで生産が伸びているところを見るに他の原因があるとも考えられ、「もう生産は無理なんじゃないか」と見る向きも多いようですね。

なお、TVRは既に受注を開始しており、申込金を受け取っているものの、プロジェクトがキャンセルされた場合、この返還がなされるかどうかもちょっと怪しいところまで来ています。

ただし今回TVRは「様々な問題は我々のコントロールできないレベルにある」としながらも「少量生産メーカーとしての認可を受けた」とも述べていて、まだまだ生産に対して意欲を示しており、なんとか新型グリフィスを生産するという意思を示しています。

新型TVRグリフィスの生産がさらに遅れ、具体的な時期が不明に。いったいなぜこんなことに

| 自動車メーカーを立ち上げるのは本当に難しい | TVRは2017年に新型グリフィスを発表し、2018年には生産を行う予定だったもの、それがずっと遅れており、さらに今回「また遅れる」と発表。今回の生 ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ミニ(MINI), >韓国の自動車メーカー, >その他イギリス車, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5