>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスが欧州限定のレクサスLC500コンバーチブル「レガッタ」発表!外板色は”1日に2台しか作れない”ストラクチュラルブルー

投稿日:2020/08/05 更新日:

レクサスは少し前にLC500のオープンモデル、「レクサスLC500コンバーチブル」を発表したところですが、今回欧州向けに「レガッタ」と命名された限定モデルを追加投入。

この「レガッタ」は、レクサスが何らかのテーマを持たせて作り上げる特別仕様車「インスピレーション・シリーズ」の一環となり、内外装にヨットをモチーフとしたデザインが施されたことが特徴となっています。

レクサスの限定モデルは「カラー」にこだわる

このレクサスLC500コンバーチブル「レガッタ」に採用されるボディカラーは「ストラクチュラルブルー」。

これはモルフォ蝶の羽根にヒントを得た構造色であり、開発に15年をかけ、塗装できるのは1日にわずか2台のみだとされる特別な色。

これに組み合わせられるのはマリンブルーのソフトトップです。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-1

こちらはトップを開け放った状態。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-3

エクステリアだと、ボディカラー以外の部分は通常モデルと同じ仕様を持っています。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-10

インテリアはエクステリア以上に「特別仕様」

なお、レクサスはLCコンバーチブル発表時に「オープンカーにとって、インテリアもエクステリア同様に、ほかから見られる機会が多い」ということを理由に、エクステリアと同様の注意を持って、エクステリアの延長線上としてデザインされるべきだと主張。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-5

実際に今回のレクサスLCコンバーチブルにおいても、まさに「美しい」としか言いようがない仕様を持っており、世界有数のエレガントさを持つインテリアだと考えています。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-33

インテリアカラーはアイボリーにネイビー。

そこへパーフォレイト(穴あき)加工、ステッチ等様々な技術を駆使した加飾が施されます。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-28

シートベルトもネイビー。

ベルトを通すループもクラシカルでいい感じですね。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-32

カーペットはアイボリー、マットはネイビー。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-30

サイドシルには「LCインスピレーション」の文字。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-29

多くの自動車メーカーは「汚れ」を嫌い、ステアリングホイールやシフトノブといった”手に触れる部分”に明るい色を使用することを嫌うものの、このレクサスの割り切りは”凄いな”と思わせられる部分です。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-46

リアデッキには風の巻き込みを防ぐためのウインドデフレクター。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-44

これだけ美しいインテリアであれば、常にトップを開けた状態で走りたくなってしまいますね。

2021-lexus-lc-convertible-regatta-edition-27

レクサスは欧州市場に「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」を投入

あわせてレクサスは、欧州市場に新ボディカラー「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」を追加する、と発表。

これはすでに日本市場では選択可能なボディカラーではありますが、欧州においてはようやく2021年モデルのレクサスLCが発表され、それに伴う追加ということになりそうです。

2021-lexus-lc-coupe-europe-blazing-carnelian-14

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5