>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

まさかの「ゲレンデ」名称復活?ルイ・ヴィトンのディレクター、ヴァージル・アブローとメルセデス・ベンツとのコラボGクラスが予告される

投稿日:

| しかもレトロな”モノブロック”ホイールにアナログスピードメーター/タコメーター |

メルセデス・ベンツが突如として自身のフェイスブックページに謎の投稿を行って世間を驚かせていますが、画像を見るにどうやらクラシカルな、そして時速300キロを標榜するGクラスを発表する模様。

なお、ハッシュタグにはメルセデス・ベンツのデザイナーであるゴードン・ワグナー氏の名、デザイナーそして起業家であるヴァージル・アブロー氏の名が確認できます。

ヴァージル・アブロー氏といえば、ルイ・ヴィトンのメンズラインにてクリエイティブディレクターを努めたり、ナイキとのコラボレーション、さらにはイケアとのコラボレーションでも知られる人物。

いわば現在のファッション界の最前線を走る人というワケですが、そのヴァージル・アブロー氏とメルセデス・ベンツとのコラボレーションというのがぼくにとってはかなり衝撃です。

驚くのはそれだけではない

そして画像を見ると、リアに背負っているタイヤのサイドウォールに「MERCEDES-BENZ」「GELANDEWAGEN」という文字が見えること。

このGELANDEWAGEN=ゲレンデヴァーゲンというのはメルセデス・ベンツGクラスが「Gクラス」と呼ばれる前に使用されていた呼称で、もともとのルーツである軍用車に使用されていた呼び名です(Gクラスの”G”はゲレンデヴァーゲンから来ている)。

118023646_10158583522351670_3002486890473917870_o

なお、ゲレンデとは「地形」「土地」「山野」を表し、「ヴァーゲン」とは「車」なので、つまりゲレンデヴァーゲンとは「山野を走る車=オフローダー」ということになりますが、日本だと「ゲレンデ=スキー場」というイメージが強く、なんとなくスポーティーでオシャレな雰囲気があるからか「ゲレンデヴァーゲン」という呼び名が非常に好まれ、よって現在でもGクラスのことを「ゲレンデ」と呼ぶ人も多数(上述の通り、G=ゲレンデヴァーゲンなので間違いではない)。

ただしメルセデス・ベンツはすでに(公式には)ゲレンデヴァーゲンという呼称を用いておらず、しかしこれを今回表に出すということはすなわち「レトロ」ということになり、それを裏付ける要素の一つが「ホイール」。

117593189_10158583522506670_5970500974820256847_o

これはAMGモノブロックスタイリング、AMGモノブロックスタイリングIIにて採用されていた「ディッシュ」タイプのデザインですが、その後AMGモノブロックは「III」へと進化し、この「モノブロックスタイリングIII」から5本スポークに。

よって、このディッシュホイールはすでに絶滅種ということになるものの、これを復活させたというのは当時のAMGファンのぼくにとってはまさに感涙モノ。※今回のティーザー画像で見られるホイールは現代風にアレンジが加えられている

ちなみに「AMG」はもともとロリンザーやブラバスのような「チューナー」であったものの、1999年にメルセデス・ベンツに吸収されており、よって当時のAMGは「メルセデスAMG」ではなく、しかしそういった細かいことはこの際どうでもいい、と考えています。

117792807_10158583522381670_6126555749751923431_o

さらには現在のGクラスに採用されている「液晶メーター」ではなくアナログメーターを採用し、しかしスケールが「300km/h」というのも驚かされる部分です。

なお、タイヤは「スリック」のように見えるので、「ゲレンデ(山野)」なのにオンロードという、ヴァージル・アブローっぽい”異なる要素ミックス”が見られるワケですね。

117690816_10158583522366670_5264680322901978539_o

正直なところ、このモデルが何なのか全くわかりませんが、これまでに無いメルセデス・ベンツ×ヴァージル・アブロー、そしてレトロな”ゲレンデヴァーゲン”となるといやがおうにも期待が高まってしまいます。

参照:Mercedes-Benz

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5