■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

新型スバルWRXの試作車がはじめて目撃!米国にてマスタングを従えテスト中、レヴォーグ似の外観へ

投稿日:

| その完成度は高く、けっこう完成に近いところまで進んでいるようだ |

スバルは2021年に新型WRXを発表し2022年に納車を開始すると言われますが、今回じはじめて「新型スバルWRX」のスパイフォトが登場。

このスパイフォトはフロントそしてリアからも撮影されていますが、構造的なカモフラージュは無いように見え、シートの下にはプロダクションモデルに近いボディが隠れている、ということになりそうです。

フロントは新型レヴォーグ似

Aピラーからフロントへとつながるラインは新型レヴォーグに近く、そして先端に向かって絞られるプレスラインからフロントグリルにつながるラインもよく似ているようですね。

subaru-wrx-spied-2-copy-1600875907

ボンネット上のエアスクープ、ヘッドライト形状もレヴォーグに良く似ており、おそらくはノーズが突き出た戦闘的なルックスが与えられるものと思われますが、非常に高い期待を感じさせてくれる新型車だと思います。

L1260977

リアデッキは「バングル・アス」風?

そしてリアからの画像を見るに、これまでのスバルとは異なる(かつてBMWがクリス・バングル時代に採用した)バングル・アス風。

subaru-wrx-spied-1-copy-1600875851

これは「Cピラー+トランク」と「リアフェンダー」とが個別のラインを持つデザインですが、先般目撃された新型スバルBRZ/トヨタ86のプロトタイプともよく似ていて、つまり次世代のスバル車は「こういったリアセクション」を持つということになりそう。

subaru-wrx-spied-3-copy-1600875955

そのほか、大きく張り出したサイドステップ、太い4本出しマフラー、トランクリッド上のスポイラーも確認可能で、リアバンパー両脇にはスリットも見えますね。

2022-Subaru-BRZ-7

なお、テールランプについては、新型BRZ/86(上の画像)、新型WRXとも、新型レヴォーグ同様に、3D形状(レンズにくぼみがある)を持つ「フ」型デザインを採用しており、こちらも次世代スバルの特徴ということになりそうです。

参考までに、このバングル・アス風デザインはトヨタ/レクサスが好んで用いる手法であり、新型レクサスISも同様の形状を持っていて、トヨタがスバルの株式を追加で取得したことを機に、両社のデザイン部門間でなんらかの交流が生じたのかもしれません。

Lexus-IS (3)

新型スバルWRXはどんなクルマに?

現時点で新型WRXはについてはほぼ情報がなく、しかしプラットフォームにSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を使用するのは間違いなさそう。

そしてエンジンにはFA24(2.4リッター水平対向4気筒/260HP)を採用すると言われ、しかし日本仕様だと1.6リッターターボ(FB16)となるかもしれません。

なお、今回この新型スバルWRX試作車が目撃されたのはミシガン州だそうですが、後ろについているマスタングのナンバープレートは「自動車メーカーによる登録」だと報じられており、つまりはスバルがベンチマークとしてこれを使用している可能性が大きい、と思われます。

subaru-wrx-spied-2-copy-1600875907

気になるSTIについては400馬力を超える出力を持つとも報じられ、もしかすると「4気筒エンジン史上最強」を誇る可能性がある、とも。

デザイン的にはVIZIV(ヴィジヴ)パフォーマンス・コンセプトに近いルックスが与えられると言われていて、今回のプロトタイプを見るに、VIZIVパフォーマンス・コンセプトととの類似点も多く、これは「期待していい」部分だと考えています。

subaru-viziv-performance-concept (1)

参照:SUBARU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5