●ポルシェ・マカン ■近況について ■ニュース

ポルシェ・マカンのカスタム「メーターリング」!中国製を購入したら不良品だった件

更新日:

| できれば高輝度塗装のシルバーが良かったが |

さて、ポルシェ・マカンSのカスタム「メーターリング」。

これは単に「メーターの枠にリングを貼り付ける」という超お手軽カスタムです。

アマゾンにて販売されている製品を購入したものですが、出品者によって価格が大きく異なり、1,000円台~7,000円台まであるようですね(おそらくは同じ製品だと思われる)。※ポルシェ用だと911やカイエン用、718ボクスター/ケイマン用も発売されている

本来は「シルバー」が欲しかったのですが、シルバーを販売している業者がなく、次点の選択としてボディカラーに近い「ブルー」を選んでいます(ほかにレッドもある)。

L1270586

けっこう大きく見た目が変わるオススメパーツ

なお、これは718ケイマンにも装着していたカスタムパーツですが、けっこう見た目が変わるのでぼくの「お気に入りアイテム」。

素材は樹脂製で、塗料のノリも悪くないと思われるため、好きなカラーに塗ってみるのもいいかもしれません。

L1270587

取り付けは裏面に貼られた両面テープを使用して貼り付けるだけのイージーインストール。

L1270589

ただし「バリ」が数カ所目立つので、ぼくはサンドペーパーにてバリを削り取り、滑らかに仕上げています。

L1270588

取り付けに際しては、密着性を高めるために事前に脱脂しておくと良いかと思います(貼付け後に浮いてきても嫌なので)。

脱脂に使用するのは一家に一本は必要な「ブレーキパーツクリーナー」。

これをウエスに吹き付け、その後メーター周辺をフキフキ。

L1270604

その後はパーツ裏面の両面テープを剥がして貼るだけで完了。

L1270605

ただ、貼るときの注意点として、「隙間が目立たない」ように貼るというものがあり、隙間が出ないようにするためには事前に「仮留め」し、貼付け後の状態を確認してみると良いかと思います。

なお、この隙間とは「寸足らず」にならないようにするということで、あまりに「上に寄り過ぎると」下側の隙間が開いたり、といったことを意味します。

L1270609

ただしそこで問題は起こった

しかし、仮合わせをしている途中にハタと気づいたことがあり、それは「パーツの内容に問題がある」ということ。

本来であれば「センターと、右用、左用」の3点セットが入っているはずなのですが、届いたものは「センターと、右用が2つ」。

つまり3連メーターの左用が入っておらず、右用が2つ入っていたわけですね。

L1270610

購入先のアマゾンに返品し良品に入れ替えてもらうことも可能だったのですが、「面倒くさいな・・・」ということで今回はセンターのみを使用しています。

ただ、実際に仮止めしてみると「センターだけ取り付けた状態もなかなかいいんじゃないか」と考えていて、これはこれで良さそう(ぼくは何事も前向きに考えるタイプ)。

L1270622

カスタム前後でこう変わった

そこでビフォーアフターを紹介したいと思いますが、こちらがビフォー。

メーター周辺が黒くて地味な感じですね。

昨今のデジタルメーターに慣れた見にとってはさらに「暗く」見えます。

L1260920

こちらがアフター。

やはり見た目としては大きく変わり、そして常に目に入る部分なので、費用対効果の大きなカスタムだと言って良さそう。

できれば高輝度塗装のシルバーのほうが(ぼくのマカンにはアルミニウムのトリムが装着されているので)良かったのですが、これはこれでけっこういいんじゃないか、とも考えています。

L1270622

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-●ポルシェ・マカン, ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5