>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari) >ポルシェ(Porsche) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニがスピードスターの発売を計画中?フロントウインドウ無し、大型ウイング装備の超過激マシン

投稿日:2020/10/02 更新日:

| ヘルメットなしで走ると大変なことになりそうだ |

さて、先日サーキット専用のハイパーカー「エッセンツァSCV12」を発表したばかりのランボルギーニですが、今回はまた新たなエクストリームモデルが控えている模様。

この画像はランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラコルセの運営するソーシャルメディアにアップされたもので、つまりサーキット走行専用のクルマだとも考えられますが、たしかにエッセンツァSCV12のテスト時と同様のカモフラージュが施されていて、両者の強い関連性を感じさせますね。

ただ、両者を比べてみると、今回のプロトタイプはアヴェンタドールに近いようにも見え、エッセンツァSCV12ほど過激ではないようにも。

lamborghini-essenza-scv12 (5)

むしろSC18アルストンに近い?

強いていうならばSC18アルストンに近いリアウイングを持っており、しかしテールランプやエキゾーストパイプは新しい形状で、しかしホイールはSC18アルストンと同じ形状にヴェネーノ同様のカバーを被せてあるようにも見えますね。

a14

なお、今回のプロトタイプのボディサイドには「Attenzione Macchina Veloce Aperta」という記載が見られ、これは「注意 高速オープンマシン」という意味。

同様の記載がエッセンツァSCV12のプロトタイプ(その時は注意”超”高速マシンだった)にも見られ、これはスクアドラコルセの定番となりそうですね。

スピードスターは大人気

なお、ここ数年「スピードスター」が大人気で、ポルシェは「70周年記念」モデルとして911スピードスターを発表しています。

その後フェラーリは新しい限定シリーズとして「ICONA(アイコンの意味)」を立ち上げ、その第一弾として発売されたのがモンツァSP1/SP2。

Ferrari-monza-sp1-sp2 (5)

マクラーレンは「マクラーレンの現行ラインアップで最もパワフルで、もっとも軽量な」エルヴァを発表。

そしてアストンマーティンは「V12スピードスター」を発売するなど、とにかく現在はスピードスター流行り。

なお、スピードスターとは、その名の通りスピードを追求したモデルであり、重量物や、そして重心を高くしてしまうルーフやウインドウ類を取り払ったクルマを指す、とされています。

aston-martin-v12-speedster (2)

なお、ランボルギーニは過去にワンオフのロードスター、「アヴェンタドールJ」を製造したことも。

これはスペインのオーナーに納車されたと言われていますが、つい最近のイベントにも登場していますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), >フェラーリ(Ferrari), >ポルシェ(Porsche), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ(Lamborghini), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5