>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

え?何このメルセデス・ベンツ?縦方向に拡大コピーされ、アストンマーティンのホイールを装着したナゾの試作車が目撃される

投稿日:

| 次にメルセデス・ベンツが狙う市場は「セダン型SUV」? |

さて、直近では新型Cクラスや新型SL、EQ Sのプロトタイプが目撃されているメルセデス・ベンツですが、今回は「全く意味不明な」ニューモデルが目撃された模様。

このプロトタイプは見たところメルセデスAMG C63をベースとしているように見えるものの、単に車高が上げられているだけではなく、車体そのものが持つ上下方向の「厚み」もAMG C63とは全く異なるようです。

なぜかホイールはアストンマーティン

そしてこのプロトタイプで注目すべきは、アストンマーティン初のSUVである「DBX」と同じホイールを装着している、ということ。

Aston_Martin_DBX06-jpg

参考までに、現在のアストンマーティンCEOは前メルセデスAMGのCEOであったトビアス・メアース氏。

そしてつい先日、メルセデス・ベンツは「アストンマーティンの株式を20%まで買い進む」とコメントしており、両者の結びつきの強さをアピールしたところです。

アストンマーティン
アストンマーティン復活に光明!メルセデスがアストン株を20%まで購入し、さらに提携を深める模様。一方アストンはメルセデスの電動化技術を使用可能に

この記事のもくじ1 | 株価はほぼ底値だと思われ、今買っておけば後々大きなリターンを得られる可能性も |1.1 アストンマーティンはメルセデスAMGとの協業を延長1.2 アストンマーティンは明日への切 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツはアストンマーティンとの関係性を強める

これによる直接の変化は今のところ具現化されていませんが、おそらくはアストンマーティンが「せっかく自社にて60年ぶりに開発した新型エンジン」が採用前にボツになる可能性があり、これがメルセデス・ベンツ製の直6エンジンに置き換えられる、ともウワサされています。

アストンマーティンが”ヴァルハラ”に搭載するV6エンジン公開!実は「この60年ではじめての、自社設計によるエンジン」だった!

この記事のもくじ1 | ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |1.1 アストンマーティンは今後「ミドシップにも注力」1.2 新型エンジンはハイブリッドシステムとの組み合わせが前提 | ヴァル ...

続きを見る

そしてこういった経緯を鑑みるに、おそらくメルセデスAMGとアストンマーティンとは今後車体を共有するという可能性もありそうで(メルセデスAMG GTとアストンマーティンDB12が兄弟になるかもしれない・・・)、今回目撃されたプロトタイプはその第一歩なのかも。

メルセデス・ベンツは「背の高いセダン」を発売するつもりだ

なお、メルセデス・ベンツは先ごろ発表した今後の計画において「EQS SUVとEQE SUV」という、おそらくは背の高いセダンを発売する可能性についても言及。

現時点ではもちろんこれらが「背の高いセダン」であるという確証はないものの、現在SUV市場は過密であり、しかし「常になにか新しいものを求めている」という昨今の自動車市場を鑑みるに、メルセデス・ベンツが「他社にない、新しいボディ形状」を率先して投入し、その市場での第一人者になろうとしている可能性はかなり大きい、とも考えています。

メルセデス・ベンツが今後の計画を語る!「マイバッハ拡充」「AMGとマイバッハもエレクトリック化」「EQSとEQEにSUV追加」

この記事のもくじ1 | 発表されたばかりのSクラスについても自信を見せる |1.1 マイバッハブランドは拡大の可能性1.2 メルセデス・ベンツは新型Sクラスについて「売れる」と確信1.3 メルセデス・ ...

続きを見る

実際のところメルセデス・ベンツは「アルティメット・ラグジュアリー・コンセプト」という「背の高いセダン」を発表しており、これの発売についても意欲を見せていて、今回のプロトタイプが「背の高い新型セダン」という線は十分にありそう。

そして、クーペSUVをGLC、GLEに設定しているのと同様に、この「背の高いセダン」をCクラスやEクラス、Sクラスに設定しないとも限りません。

メルセデス・ベンツがあのトンデモコンセプト”マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー”市販を示唆。「むしろ、なぜ発売しないと思うんだ?」

マイバッハの黒歴史にならないかがどうか心配 メルセデス・ベンツは昨年の北京モーターショーにて、「メルセデス・マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」を発表していますが、今年の上海モータ ...

続きを見る

なお、SUVとセダンの融合については、先日報道された「次期クラウンはセダンをやめてSUV類型車になる」という内容からも見てとることができ、個々に活路を見出しているのはメルセデス・ベンツのみではない、ということですね。

トヨタ・クラウンがSUVに
そんなのボクの知ってるクラウンじゃない!トヨタがクラウンを現行限りで販売終了とし、2022年にSUVボディにて発売するとの報道(マジ)

この記事のもくじ1 | いつかはクラウンと言われた憧れの高級セダンだったが |1.1 総合的に考えると、クラウンは売れていないわけではない1.2 トヨタはラインアップを整理中2 次期クラウンはこうなる ...

続きを見る

なぜメルセデス・ベンツはセダンにこだわる?

そこで気になるのが、メルセデス・ベンツやトヨタがなぜ「SUV」ではなく「SUV風セダン」に着目するのか、ということ。

セダンはすでに絶滅危惧種であり、撤退するメーカーも多数だと報じられています。

ただし売れないと言われるセダンであっても「売れている」国があり、それは中国。

中国の自動車市場における51%がセダンだと言う統計があり、つまり世界ナンバーワン自動車市場である中国は「セダン大好き」ということになりますね。

全世界セダン市場の51%は中国!次いで北米は22%、欧州はわずか6%。セダン販売の53%は4社が占めるという特殊な状況に思うこと

この記事のもくじ1 | 多くのメーカーがセダンから撤退したが、そのぶん「残りものには福があった |1.1 欧州も意外とSUV好きだった1.2 セダンをもっとも好むのは中国だった | 多くのメーカーがセ ...

続きを見る

なぜ中国市場ではセダンが好まれるのか?

この理由としてはいくつか上げられるものの、まずワゴン、ミニバンは商用車というイメージがあること。

つはりワンボックスや2ボックスでは「人と荷物」が同じ空間に乗ることになり、メンツを重んじる中国人はこれに我慢ができないと言われています。

そしてやはり国家主席や高級官僚がセダンを愛用していることからも、自分の地位を高く見せ、商売であくせくしなくていいというセルフプロデュースのためにセダンが「必須」と認識されているわけですね。※中国では「皇帝が使用していた」ということでヴァシュロン・コンスタンタンの人気が非常に高く、デザイン的にも同ブランドっぽい薄型+レザーストラップの腕時計が好まれるとされている。それくらい国家トップの影響力は強いようだ

なお、中国で2番めに人気のあるボディ形状は「SUV」であり、メルセデス・ベンツ、そしてトヨタは「中国市場でここから伸ばしてゆくには、人気ナンバー1と2の”セダンとSUV”とを合体させればいいじゃない」と考えたのだろう、とぼくは推測しているわけですね。

参考までに、中国で好まれる自動車デザインとは、「フロントグリルが大きく、リアがクーペ風」だとも言われており、フロントグリルについては各社がこぞって巨大化させていることからも「やっぱりそうなのか」ということがわかります。

そしてホンダはじめ各車が投入する「中国専売車」がやはり「フロントがイカツく、リアがクーペ風」な理由にも納得です。

これが中国ホンダの最高級SUV”アヴァンシア”だ!グリルが大きく、より中国市場にマッチした2020年モデル登場

この記事のもくじ1 | アヴァンシアは中国におけるホンダの「最高級SUV」 |1.1 アヴァンシアはホンダの稼ぎ頭1.2 アヴァンシアのインテリアは「広々」 | アヴァンシアは中国におけるホンダの「最 ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

メルセデス・ベンツが全力で中国に媚びた「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」発表

| 中国ではどう受け止められる? | メルセデス・ベンツがついに「メルセデス・マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト(Mercedes-Maybach Ultimate Luxury ...

続きを見る

BMWがさらに中国重視の姿勢を語る。「巨大グリルに加え、中国人が好むエレガントなクーペ風セダンに注力する」

この記事のもくじ1 | 中国人はSUVよりもエレガントなセダンを好む傾向があるようだ |1.1 中国人がもっとも好むのは「セダン」1.2 BMWは中国重視の姿勢を崩さない1.3 ロールスロイスも「クー ...

続きを見る

これが中国人の、中国人による、中国人のための上級国民専用高級車、「紅旗E-HS9」だ!ちょっとロールスロイスっぽいけど

| これが中国人の「好み」を端的に表しているとすれば、欧米自動車メーカーはなかなかここまで行けない | 中国にてもっとも高級なクルマを作っているブランド、紅旗(Hongqi=ほんちー)。今回はそのフラ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f