>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI) ■映画や音楽、本、ゲームについて

【動画】スープラやGT-Rも!世界最大の「ワイルド・スピード登場車」コレクションが発見される!現在24台、35台までは拡大予定

投稿日:

ワイルド・スピードに登場するクルマのレプリカ

| わずか3年でここまでのレプリカを集めたようだ |

さて、カナダはアルバート州にて、ワイルド・スピードに登場したクルマのレプリカを24台も所有する男がいると話題に。

なお、詳しいロケーションは明かされておらず、もちろんこれは「所在地が明らかになれば、一瞬でクルマたちが盗まれる危険性があるから」。

そしてこの男、その名をヨルグさんといい、すべては3年前からはじまった、とのこと。

ちなみにヨルグさんのガレージはこんな片田舎にありますが、その中にレプリカたちが格納されているようです。※このほかにも厳重なセキュリティに守られたガレージにコレクションを分散させている

7

最初はブライアン仕様のグリーンのエクリプスからはじまった

ヨルグさんによると、すべてのはじまりは「グリーンのエクリプス」。

もちろんブライアン(ポール・ウォーカー)が乗ってレースに挑んだクルマで、このクルマを所有することは同氏の「夢」。

そこでこれを3年前に製作したそうですが、そこから「ワイルド・スピードに登場したクルマのレプリカ製作が止まらなくなった」とのこと。

なお、ワイルド・スピードシリーズにて、登場するクルマの手配やカスタムを行ったクレイグ・リーバーマン氏も「このグリーンのエクリプスが一番だ」と語っていますね。

11

参考【動画】ワイルド・スピードシリーズの車両手配責任者が語る「ベスト10」「ワースト10」!1位はブライアンの「あの」クルマ!!

この記事のもくじ1 | ワイルド・スピードの登場人物には、それぞれのクルマとのストーリーがある |1.1 No.10 マキシマス・チャージャー1.2 No.9 フリップカー1.3 No.8 ジェスのジ ...

続きを見る

なお、ヨルグさんのガレージを見るとワイルド・スピードグッズで溢れており、相当なファンであることがわかります。

5

そして現在は大量のレプリカに囲まれているわけですが、いずれも高い精度を誇っており、これらを3年で作ったというのは相当なハイペースですね。

4

まだまだ製作中の個体も

なお、現在まだ製作中の個体もあるといい、たとえば右端に黒いホンダS2000が見えますが、これはおそらく「スーキーのS2000」にカスタムされるのだと思われます。

71

【動画】これがワイルド・スピードX2に登場したスーキーのS2000だ!内外装の細部を動画で紹介

| 実際に劇中にてスーキーがドライブしたうちの一台 | さて、ワイルド・スピードX2に登場したピンクのホンダS2000をユーチューバー、ダグ・デムーロが紹介。このS2000は劇中にてスーキー(デヴォン ...

続きを見る

ちなみにヨルグさんは「35台まで作る計画があり、それ以上はさすがに(妻に怒られるので)やめようと思う」とコメント。

3

いったいその資金はどこから出てくるのか?

そこでちょっと気になるのがお金の話。

これだけのクルマを集め、かつ改造やカスタムを施すにはそうとうなお金がかかるはず。

動画にてヨルグさんが語ったところによると、「日本から日本車(JDM)を買付け、転売することでお金を稼ぎ、レプリカを買ったり作ったりするお金を得ている、とのこと(そんなに儲かるのか・・・)。※最低でも10台のスープラを転売したと語っている

なお、すでに完成済みのレプリカを購入することもあり、このインテグラは「ネットにて(完成済みレプリカを見つけて)購入した」そうです。

25

コレクションはワイルド・スピードの初期の作品に集中

コレクションを見ると「ワイルド・スピード」「ワイルド・スピードX2」「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」までに集中している模様。

その理由としては「シリーズの最初の方はレースに特化した映画だったが、その後は人を殺したりするバカらしいアクション映画になってしまった。私はクルマと人との関わりが好きだから」ということですが、たしかにぼくもそう思います(最初の頃は、何にせよトラブルがあれば”レースで解決する””レースで勝てばすべてチャラ”という潔さがあった)。

20

ワイルド・スピードはもはや車の映画ではない?シフト回数などをシリーズごとに分析した結果が公開に

| 意味もなくシフトチェンジ。そう、それがカーアクション | Bloombergにて、映画「ワイルドスピード」シリーズの内容を分析する「Seats of Furious(原題のFast and Fur ...

続きを見る

こちらはドミニクが乗っていたマツダRX-7。

22

ドムのダッジ・チャージャー、そしてジェスのジェッタも。

21

こちらも製作中のホンダ・シビック。

そのほか、ショーンがドライブしたランエボ、ハンが所有していた日産S15シルビア”モナリザ”、シリーズ中最も醜いと言われたハルク仕様のフォルクスワーゲン・トゥーランも現在制作中だそうです。

40

いずれの車両も可能な限り劇中と同じ仕様にしているそうですが、ヘッドライトやサイドステップがどうしても手に入らなかったものもある模様。

ダッジ・チャージャーについても、劇中に登場したのは1970年モデル、しかし入手できたのは1968年モデルであり、ちょっとだけテールランプほかが異なる、と語っています(それでも、劇中車と同じパーツを日々探しており、入手次第レプリカをアップデートさせている)。

28

R33、R34世代のスカイラインGT-Rも複数台所有していて、これらだけでも相当な価値となりそうですね。

チューニングパーツの価格も高騰中

そしてヨルグさんいわく、ワイルド・スピードに登場したブランド(ヴェイルサイドなど)のチューニング/カスタムパーツも高騰中。

よってパーツを手に入れるにもけっこうなコストが掛かったり、転売ヤーの餌食にならないようにする必要がある、とのこと。

42

ワイルド・スピードは自動車業界を活性化?マツダRX-7の中古相場は新車の1.7倍、スパルコの売上は15倍へ

| ワイルド・スピードは自動車業界を変えてしまった | 映画「ワイルド・スピード」シリーズが自動車業界を大きく変え、とりわけチューニングの活性化と日本車の相場上昇をもたらした、と米メディアが報道。 ワ ...

続きを見る

なお、ヨルグさんはこれらのクルマを隠し持つ意図はなく、実際に様々なイベントにも貸し出しており、今後はいろいろなイベントでこれらのクルマを見ることになるのかもしれません。

ちなみに世界規模で「ワイルド・スピードのレプリカ車オーナー/ビルダー」のネットワークが存在し、日々様々な情報が交換されているようですね。

27

最新作「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」に登場するであろう、オレンジ色のGRスープラまでも作っているのは「さすが」です。

26

あわせて読みたい、ワイルド・スピード関連投稿

【動画】ワイルド・スピードに登場した116台のランキングが完成!ブライアンのスープラ、ハンのRX-7は何位?気になる一位は?

| 1位はまさかのホンダ・シビックだが、たしかに”もっともワイルド・スピードらしい”クルマだ | いつも様々な企画で楽しませてくれるドーナツメディア。今回は映画「ワイルド・スピード」に登場したクルマの ...

続きを見る

【動画】ワイルド・スピード/ジェットブレイクに登場するスープラは「ハンが乗ったRX-7風カラー」!ドリフトシーンの撮影も

| もうハンが登場することはないと思われるが、それでもこのカラーリングは嬉しい | さて、先日ジョージアはトビリシにて目撃された、ワイルドスピード9作目(タイトル未定、米では5月22日公開)のロケ。今 ...

続きを見る

【動画】ワイルド・スピードに登場したクルマのコレクターがその内容を公開!やはりブライアンのスープラは他の車とは一線を画すカスタムが施されている!

| R34 スカイラインGT-R、ホンダS2000、RX-7、ダッジ・チャージャーなど盛りだくさん。普段見ることのできない車内まで | 映画「ワイルド・スピード」シリーズに登場したクルマたちをコレクシ ...

続きを見る

参照: Roads Untraveled(Youtube)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f