■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンはまだまだ限定ハイパーカーを用意しているようだ!そろそろ顧客は「お腹いっぱい」の飽和状態だと思われるが

投稿日:

マクラーレンの新型ハイパーカー、「セイバー」

| 特許画像を見るに、「セイバー」だと思われる |

さて、経営の危機も囁かれるマクラーレンですが、攻勢の手を緩めることはなく、今回は新型ハイパーカーと見られる特許画像が公開されています。

この車両については詳細がわからず、しかしデザインを見ると「BC-03」のコードネームで呼ばれていたクルマで、つい最近北米のディーラーイベントにて「セイバー(SABRE)」として展示されたプロトタイプとの共通点が多いように見えますね。※BCとはビスポーク・クリエイションを意味している

マクラーレンがさらに新型ハイパーカー投入!「BC-03」もしくは「セイバー」と見られる、今までにないデザインを持つ試作車が北米ディーラーへ

この記事のもくじ1 | マクラーレンはとことん富裕層向けの限定モデルを追求するようだ |1.1 デザインイメージは「マクラーレン・アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ」1.2 これまでのマクラ ...

続きを見る

mclaren-ultimate-series-design-trademark-rear-three-quarters

マクラーレン・セイバーには謎が多い

なお、このBC-03ことセイバーについては、昨年の夏にそのウワサが出てきていて、その際には「個人のオーダーによるワンオフモデル」とされていたものの、その後は「数台レベルで少量生産される」という話に転じています。

ただしさらにその後に北米のディーラーにて展示イベントが開催されており、ノボリ(バナーフラッグ)まで用意されている様子を見ると、数台ではなく数百台というレベルで(つまりはセナやエルヴァ、スピードテールくらいの規模で)販売される可能性もありそうです。

マクラーレンの新型ハイパーカー「BC-03」がリーク?アルティメットVGTベースのワンオフもしくは少量生産車

| セナをベースにアルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ風のボディパネルを採用か | マクラーレンの新型限定ハイパーカーと思われる画像がインスタグラム上に登場。これは「supercarpress ...

続きを見る

mclaren-ultimate-series-design-trademark-roof

なぜマクラーレンはハイパーカーを多数リリース?

マクラーレンは多数のハイパーカーをリリースしており、P1にはじまりセナ、スピードテール、そしてエルヴァといったクルマも。

一方でP1と同時期に「918スパイダー」を発表したポルシェはその後ハイパーカーをリリースしておらず(ただしサーキット走行専用モデル、935クラブスポーツが77台限定で発売されている)、同じタイミングで「ラ・フェラーリ」を発売したフェラーリはその後このオープンモデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」「モンツァSP1/SP2」を追加したのみ。

一方でマクラーレンは上述のようにどんどんハイパーカーを追加しているということになりますが、これは単に「利益が出るから」だと思われます。

これらハイパーカーは「数億円」というプライスタグを掲げることになり、もちろん相当な開発費もかかっているということになるものの、そのぶん利益も大きい、ということですね。※直近のフェラーリにおいても、販売台数わずか499台、しかもすべてがデリバリーされたわけではないと思われるモンツァSP1/SP2の利益貢献度が大きい

フェラーリのエンブレム
フェラーリが第三四半期までの業績を発表!販売台数は全世界で-17%、しかし日本は+8%。利益に貢献したのはV12モデル、とくにモンツァSP1/SP2

この記事のもくじ1 | やはり限定モデルの利益は厚いようだ |1.1 地域別販売はこうなっている1.2 利益に貢献したのはV12モデル1.3 フェラーリの利益の構成はこうなっている | やはり限定モデ ...

続きを見る

mclaren-ultimate-series-design-trademark-front-three-quarters

ただしハイパーカー乱発は諸刃の刃

フェラーリ以外の例を見ても少量生産モデルが自動車メーカーに大きな利益をもたらすということは明らかではありますが、しかしこれを大量に売るというのは至難のワザ。

たとえばブガッティは限定台数500台の「シロン(2016年発売)」をいまだ売り切ったわけではなく(それでも先代のヴェイロンに比較すると倍ほどのペース)、ポルシェも918スパイダー(918台)を売り切るのに5年近くを要しているわけですね。

ブガッティ・シロンは2021年に予定生産台数を消化し「販売終了」へ。気になる後継モデルは不明、ただし「日常的に乗れるブガッティ」は計画中

この記事のもくじ1 | シロンの価格はヴェイロンの倍、販売速度もヴェイロンの倍 |1.1 ブガッティは「サプライズ」を用意1.2 「第二の」ブガッティは日常的に乗れるクルマ? | シロンの価格はヴェイ ...

続きを見る

参考までに、ランボルギーニはこういった「ハイパーカー販売難しさ」「希少性の重要さ」を理解しているものと思われ、ちょっと前だとレヴェントン、最近だとヴェネーノやシアンFKP37/シアン・ロードスターの販売台数も「数台から数十台」とかなり少ない台数に抑えているようですね。

ランボルギーニのハイパーカー「シアンFKP37」「シアン・ロードスター」の限定台数はなぜ63台と19台?なお「SCV12」のパテント画像が一般公開に

この記事のもくじ1 | シアン・ロードスターの「19」は1963年の「19」だった |1.1 メーカーによって限定台数の決め方は様々1.2 ランボルギーニの限定車の販売台数はこうなっている1.3 ラン ...

続きを見る

マクラーレンのハイパーカーは飽和状態?

そしてマクラーレンに目を移すと、P1(2013年、375台)、セナ(2018年、500台)、スピードテール(2020年、106台)、エルヴァ(2020年、399台から149台へ)といったハイパーカーがリリース。

とくにエルヴァについては予定台数の399台が思うように売れなかったと報じられ、まずは249台に、そしてその後は149台へと限定台数が引き下げられています。

こういった状況を見るに、すでにマクラーレンのハイパーカーは「おおよそ顧客の手に行き渡った」とも考えられるため、これ以上のハイパーカー追加は色々な意味で「危険」なのかもしれません。

mclaren-ultimate-series-design-trademark-front

もちろんマクラーレンはそういった状況を理解しており、これまでにもP1はハイブリッド、セナは究極のサーキットウェポン、スピードテールはグランドツーリングと最高速志向のロードカー、エルヴァはドライビングプレジャーを追求したスピードスターといった「明確なキャラクター」を個別に与えてきたということになるものの、さすがに顧客からすると「もうお腹いっぱい」なのだとも思われます。

ちなみにマクラーレンは、セナやスピードテール、エルヴァのように大々的に売り出すハイパーカーがある一方、セナLMや、かつての688HSのように「公にしない」限定モデルも発売しており、このあたりはどうやって「線引き」を設けているのかちょっと不明。

元F1ドライバーが20台のみ限定のセナLMでクラッシュ。マクラーレンはこのクルマの存在を公にしたくなかったものの事故によって広く知られることに

この記事のもくじ1 | フロントセクションが消失するほどの大クラッシュ |1.1 納車からわずか半年での事故1.2 おそらくは「スピードの出し過ぎ」? | フロントセクションが消失するほどの大クラッシ ...

続きを見る

なお、マクラーレンは「セイバー」のほか、「Arkon」「Veo」「Vion」といった商標を登録していると報じられており、これらもハイパーカーを含む、今後発表されるニューモデルの名称として使用されるのかもしれません(なんとなくエキゾチックな響きを持つネーミングが増えてきた)。

マクラーレン・アルトゥーラ
【動画】マクラーレン最新モデル「アルトゥーラ」ティーザー公開!V6+ハイブリッド、エレクトリックモードで30kmの走行が可能

この記事のもくじ1 | マクラーレンは先陣を切って普及(?)価格帯の「ハイブリッドスーパースポーツ」を投入 |2 マクラーレン「アルトゥーラ」はどんなクルマに?3 マクラーレン・アルトゥーラのデザイン ...

続きを見る

参照:UK Registered Design Service, Autoweek, Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f