●ランボルギーニ・ウラカン >ランボルギーニ(Lamborghini) ■近況について

今年も色々あったな・・・。ランボルギーニを購入した年はランボルギーニから豪華カレンダーを送ってもらえる!

投稿日:

ランボルギーニのカレンダー

| 何があろうともボクらは前に進む以外の選択肢はない |

さて、気がつけば今年も終わりに近づいていますが、そんな折、ランボルギーニからカレンダーが届くことに。

差出人はランボルギーニ大阪さんとなっているので(いつもありがとうございます)、恒例の「新車を注文(納車?)した年のスペシャルギフト」ということになりそうです。※ポルシェも新車を購入すると、その年に限って大きなカレンダーをもらえる

ちなみに、(イタリアの)ランボルギーニ本社からも毎年卓上カレンダーが送られてくるものの、それはもうちょっと先になりそう(いつも年が明けてから到着する)。

今年も色々あった

今年はコロナウイルスの影響にて、史上例を見ないほどタフな年になったと思われますが、実際のところ新車のセールスそのものはさほど落ち込んでおらず、しかし諸々の対応、いわゆる「ニュースタンダード」への適応に時間を割かれたのかもしれません。

なお、同じ不況といえどリーマンショックのときと異なるのはコロナウイルスによる直接の死者が出たことで、これに心を痛めた関係者も多そうですね。

それでもランボルギーニはじめ世界中の自動車メーカーは前に進むべく新たなチャレンジを始めているという状況ですが、ぼくにとってもウラカンEVO RWDを注文し、そして納車されるという忘れ難い年となっています。

ランボルギーニの2021年カレンダーはこんな構成

そしてランボルギーニの2021年カレンダーの内容を見てみたいと思います。

まず表紙はこんな感じ。

「FAST FORWARD FEELING」とあり、「感じるよりも先に」というところかもしれません。

なお、ランボルギーニはウラカンEVOにてドライビング集中管理システム「LDVI」を実装していて、このシステムの考え方も「FAST FORWARD FEELING」に近いのだと思います。

L1290702

そして1月はまずウルス。

ランボルギーニの販売を「倍程度に」伸ばした立役者ですね。

L1290700

2月はウラカンEVO RWD。

L1290699

ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニ・ウラカンEVO"RWD"発表!価格は24,126,941円、「単に直線やサーキットの速さを求めただけではない」ドライバビリティ重視の設計に

この記事のもくじ1 | パワーウエイトレシオは”ウラカン”よりも優れる2.28 |1.1 ウラカンEVO RWDの0−100km/h加速は3.3秒1.2 ウラカンEVO RWDのスタイルはこう変わった ...

続きを見る

3月はシアン・ロードスター。

L1290698

ランボルギーニの最新ハイパーカー”シアン・ロードスター”発表!同社初のハイブリッドオープン、「これこそがランボルギーニの向かう未来だ」

この記事のもくじ1 | ゴールドアクセントを加え、クーペ版シアンFKP37とは異なるゴージャスさを演出 |1.1 シアン・ロードスターの限定台数は19台1.1.1 そのデザインは「カウンタック」へのオ ...

続きを見る

4月はアヴェンタドールS ドレスド・バイ・ヨウジヤマモト。

L1290697

ランボルギーニ・アヴェンタドール・ドレスド・バイ・ヨウジヤマモト
ランボルギーニとヨウジヤマモトとのコラボ仕様!「アヴェンタドールS ドレスド バイ ヨウジヤマモト」を見てきた!

この記事のもくじ1 | アヴェンタドール・ヤマモトは想像していたよりもずっと「芸術作品」だった |2 ランボルギーニ・アヴェンタドール・ドレスド・バイ・ヨウジ・ヤマモトはこんなクルマ2.1 思ったより ...

続きを見る

5月はウルス・パールカプセル。

これは”ランボルギーニの特徴的なカラー”だとして、ボディカラーに「ジアッロ・インティ(イエロー)」「アランチョ・ボレアリス(オレンジ)」、「ヴェルデ・マンティス(グリーン)」という4層パールカラーを採用し、ルーフやドアミラー、リアディフューザー、トランクリッドスポイラー、ホイール他にグロスブラックのコントラストを採用したもの(テールパイプはマットグレー)。

L1290696

6月はウラカンEVO RWDスパイダー。

おそらくはウラカンシリーズでもっとも残価率が高いクルマなんじゃないかと考えています。

L1290695

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダー発表!ピュアなドライビングエクスペリエンスを追い求めたオープンスーパースポーツ、価格は26,539,635円

この記事のもくじ1 | オープントップ・エクスペリエンスの興奮がここにある |1.1 ウラカンEVOのモデル構成はこんな感じ1.2 ウラカンEVO RWDスパイダーはこんなクルマ1.3 ウラカンEVO ...

続きを見る

7月はサーキット専用ハイパーカー、エッセンツァSCV12。

L1290694

ランボルギーニ史上最強!830馬力を発生する自然吸気V12エンジンを積むハイパーカー、”ESSENZA SCV12”発表

| 購入者は”専用ガレージ”を利用可能 | ランボルギーニが先日より予告していたニューモデル、”ESSENZA”SCV12をついに発表。これは行動走行不可、サーキット走行オンリーの限定ハイパーカーで、 ...

続きを見る

8月はウラカンEVOスパイダー。

L1290693

ランボルギーニ・ウラカンEVO”スパイダー”発表!640馬力、0-100km加速3.1秒、日本国内価格は32,837,602円

イメージカラーは4層ペイントの「Velde Selvans」 つい先日「ウラカンEVO」を発表したばかりのランボルギーニですが、今回はそのオープンモデル「ウラカンEVOスパイダー」を発表。※ウラカン・ ...

続きを見る

9月はウルス・グラファイトカプセル。

L1290692

ランボルギーニがウルスに新グレード「グラファイトカプセル」設定!コントラストカラー採用、さらにはグロスとマットの対比も

この記事のもくじ1 | 今までのランボルギーニにはない斬新なカラーリング |1.1 アクセントは4色から1.2 インテリアも「ハイライト仕様」1.2.0.1 関連記事 | 今までのランボルギーニにはな ...

続きを見る

10月はレーシングカーのウラカンGT3 EVO。

L1290691

11月はアヴェンタドールS「サゴ・エディション」。

L1290690

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに限定モデル「Xagoエディション」追加!”土星のヘキサゴン”をモチーフにした神秘的なデザイン

この記事のもくじ1 | デザインを行ったのはランボルギーニのパーソナリゼーション部門”アドペルソナム” |1.1 「アドペルソナム」では無限のカスタムが可能1.2 アヴェンタドールSVJロードスター「 ...

続きを見る

12月はウラカンEVO。

昨年に発表されたモデルも含まれるものの、そのほとんどが2020年に発表されたモデルにて構成されており、「ランボルギーニはここまで多くの新型車を発表できるメーカーにまで成長したんだな・・・」と考えると感慨深いものがありますね。

L1290689

新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円

出力はまさかの640馬力へ、0-100キロ加速はフェラーリ488GTBを超え、マクラーレン720Sと同等に ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、「ウラカン・エヴォ(Hu ...

続きを見る

まだまだ先行きは不透明だが

現在ワクチン接種が開始されたといえどもまだまだ先行きは不透明な状況が続いており、2021年は回復を見せるのか、より難しい局面を迎えるのかはわかりませんが、ぼくはぼくにできること、つまりちょっとでも「スーパーカーやスポーツカーに興味を持つ人が増えるような」情報を提供してゆきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5