■そのほか車関連のネタなど

コロナウイルスの影響による「巣ごもり消費」でプラモデルの販売増加!田宮模型は売り上げが前年比+30%だそうだ!!ボクはタミヤのプラモとRCカーでクルマについて学んできた

投稿日:2020/12/28 更新日:

| いまこそ皆でプラモデルを作ろうぞ |

さて、朝日デジタルによると「コロナウイルスによる巣ごもり需要にて、プラモデルの売り上げが伸びている」とのこと。

たしかにガンプラを取り巻く環境は大きく盛り上がっているようで(ガンダムファクトリー横浜の影響もありそう)、さらに記事によるとラジコン、ミニ四駆のほか「船の模型」や工具や塗料までもが売れており、売り上げは前年比でなんと30%増なのだそう。

ボクはタミヤのプラモデルに育ててもらったようなものだ

なお、ぼくは幼少の頃からプラモデル(とRCカー)作りに熱中しており、今でもときどきプラモデルを作ることも。

そんな中でもタミヤの品質はずば抜けており、その精密さはもとより、「組み立てやすさ」「塗装しやすさ」というところにまで配慮がなされています(これはバンダイも同じ)。

クルマのレイアウトや構造についてはプラモデルから、サスペンションやステアリング関連の設定(トー角や切れ角など)、軽量化や重心・バランスについてはRCカーから学んだわけですが、これらがなければ今の自分はないだろう、とも考えています。

ちなみに現田宮模型会長、田宮俊作氏著「田宮模型の仕事」にはプラモデル業界の裏事情やタミヤの考え方などが記されていて、ぼくの知る限りだとこういった事情については報道されることがなく(一般性がないネタなのでニュース価値が低い)、しかしこの本はぼくが強く勧めたい一冊でもあります(実際に多くの人に勧めてきたが、プラモデルに興味がない人は読まないようだ。むしろプラモデルに興味がない人にこそ読んで欲しいと思うのだけれど)。

L1230321

ボクの考える”ポルシェが登場する小説”ベスト4!「雨の日には車をみがいて」「僕らがポルシェを愛する理由」「田宮模型の仕事」「半島を出よ」

さて、ぼくはかつて家の床がたわむほどの書籍を保有していましたが、2018年の地震を機にそのほとんどを処分することに。ただ、そのなかでも残している本もけっこうあって(まだ壁一面の本棚いっぱいくらいはある ...

続きを見る

タミヤにはこんな製品がある

そこでタミヤ製品(自動車)の一部を紹介してみたいと思いますが、全体的には「モータースポーツ、もしくはスポーツカー寄り」というイメージ。

いちばんオススメなのは「1/12 ポルシェ カレラGT(コレクターズクラブ・スペシャル/55,000円)」で、これはエンジンの補機類までもが再現され、まるで実車を組み立てるかのような感覚すら感じるほど。

2020-12-27 21.50.39

そして「1/12 ポルシェ 935 マルティーニ(18,480円)。

ポルシェファンであれば「外すことができない一台」ですね。

12057_1

エンジン含むドライブトレーンもしっかり再現。

ぼくがタミヤのプラモデルでポルシェを作っていた頃は「ポルシェ初心者」だったので、今改めてこれを作ってみると、色々と感じるところがあるのかもしれません。

12057_4c7

1/12 NISSAN フェアレディ 240ZG ストリートカスタム(16,280円)。

「カスタム」というだけあってRSワタナベのホイール、エンジンルームだと2バレル3連キャブレターにストラットタワーバー、バケットシートも付属します。

もちろんサスペンションも可動式。

2020-12-27 22.05.41

「1/12 タイレルP34 シックスホイーラー(14,080円)」。

前輪4輪がステアリングに連動して動く様子はまさに「感動モノ」。

12036_1

そして1/24だとマクラーレン・セナ(価格未定)。

24355_1

新製品のロータス スーパー7 シリーズII(2,750円)。

24357_1

こちらも新製品、1/24 ロータス ヨーロッパ スペシャル(3,850円)。

24358_1

このほかにもトヨタ86/スープラ、マツダ・ロードスター、そしてフォードGTやマスタングといったスポーツカーも多数揃います。

プラモデル模型メーカーによって「色」がある

なお、プラモデルメーカーによって「色」というか方向性が明確になっていて、田宮模型がスポーツカーやレーシングカーに集中したラインアップを持つのと同様、ほかのプラモデルメーカーも固有の特徴があり、たとえばハセガワだと「ちょっとレトロ」。

020-12-27 22.21.31

アオシマはリバティーウォーク含む改造車や・・・。

2020-12-27 22.21.07

族車に強いようですね。

2020-12-27 22.21.00

合わせて読みたい、関連投稿

これ持ってた!タミヤのラジコンカー「ワーゲン・オフローダー」実車化!あの頃の自分を思い出した

| あの頃の情熱が蘇る | 高級車やコンセプトカーの発表が多いという印象のペブルビーチですが、なんと「実物大ラジコンカー」が登場。 これは1979年にタミヤが発売した1/10サイズのR/Cカー、「ワー ...

続きを見る

頭文字Dのトヨタ・ハチロク
オートアートが大人気につき完売の「藤原とうふ店」ハチロクを再生産し予約開始!湾岸ミッドナイト連載30周年記念として悪魔のZ、ブラックバード、零奈のGT-Rも発売

| ここまで本気で作り込むメーカーはオートアートをおいて他にない | さて、高品質なビッグスケールモデルカー(ミニカー)にて人気のオートアートが、頭文字Dに登場するハチロクトレノを再生産し予約を受付開 ...

続きを見る

京商が「頭文字D」に登場したRX-7(高橋弟)、ハチロク(藤原拓海)をモデルカー化!1/18サイズ、フィギュアも付属

| ハチロクには「水を入れたコップ」も再現 | さて、精密なミニカーでおなじみの京商より、「頭文字D」シリーズが販売開始。スケールは1/18、素材はレジン、価格は税抜20,000円。第一弾は「マツダR ...

続きを見る

参照:朝日デジタル, タミヤ模型, AOSHIMA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■そのほか車関連のネタなど
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5