>アウディ(Audi) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ、アウディに珍リコール!「AMG GT 4ドアのホイールセンターキャップが100%飛んでゆく」「Q3のブレーキペダルが折れる」

投稿日:2020/12/30 更新日:

メルセデス・ベンツ

| さすがにブレーキペダルが折れるのはちょっと危ない |

さて、ときどき「変わった内容のリコール」が出されることがありますが、今回はメルセデスAMG GT53とGT63の「ホイールセンターキャップが飛んでいってしまう」という珍リコール(現在届けが出されているのはアメリカ市場において)。

このパーツはドイツの「Jordan Spritzgusstechnik GmbH」製で、運転中のストレスに耐えることが出来ず、なんの前触れもなしにスポーンと飛んでゆく、と報じられています。

該当期間中に製造されたメルセデスAMG GT 4ドアクーペの不良率は100%

対象となるのは2018年6月20日から2020年3月4日の間に製造されたメルセデスAMG GT534MaticとAMG GT634Maticだとされ、合計台数は1,142台。

これに該当するメルセデスAMG GT 4ドアクーペについて、その問題発生率は100%だと報じられており、しかしメルセデス・ベンツおよびサプライヤーは「すでにこの問題は解決済み」だとしています。

実際の対応が始まるのは2021年2月16日からだとされ、対応内容としては「対策済みのホイールセンターキャップに交換する」。

54514709_2256277497928873_1633977581428539392_o

実際にいくつかの問題が(2019年末から)報告されていたものの、コロナウイルスの感染拡大によって調査が遅れ、そのためリコールの実施が遅くなってしまったようですが、「不良率100%」であれば、パーツの供給準備が整い次第、日本でもリコールが開始されるかもしれませんね。

なお、もしぼくが「自分のクルマのホイールセンターキャップが飛んでいった」のを発見したとしたら、走行中の負荷によって飛んでいったとは思い至らず、「盗まれた」と考えてしまいそうです。

アウディQ3は「ブレーキペダルが折れる」

そして同時期にアウディが(北米にて)届け出たのは「Q3のブレーキペダルが折れる」というもの。

2020年6月から8月にかけ、特定サプライヤーによって製造されたブレーキペダルが”容易に破損する”とのことですが、急ブレーキなどで強い力をかけると、ポキっといってしまうようですね(ちょうど靴の当たる”平面”部分が、溶接不十分のために外れてしまう)。

ただ、ブレーキペダルの「根っこ(というかシャフト)」の部分は残るので、そこを踏めばなんとかブレーキが効くようですが、緊急時に折れたり、そもそも根っこの部分を踏もうと気づかなければそのままクラッシュしてしまうことになりそうです。

対策としてはブレーキペダルをまるごと交換することになり、対応自体は2021年1月から開始される、とアナウンスされています。

新型アウディQ3登場!スタイリッシュで都会的、筋肉質なデザイン採用でライバルをリード

| スポーティーでスタイリッシュ、新世代のQ3登場 | アウディがティーザーキャンペーンののち、新型Q3をついに発表。 A1でも採用された新しいデザイン言語を身にまとっており、A1とともに「脱”金太郎 ...

続きを見る

合わせて読みたい、リコール関連投稿

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツに珍リコール!「光るベンツエンブレムに問題があり、ステアリングやヘッドライト、ワイパーに影響の可能性」

この記事のもくじ1 | この問題ははじめて聞いた |1.1 光る「メルセデス・ベンツマーク」のここに問題がある1.2 「光る」アイテムは大人気1.3 あわせて読みたい、関連投稿 | この問題ははじめて ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニが珍リコール届け出。「新人が作業したアヴェンタドールSVJは、ドアを車内から開けられない場合がある」

この記事のもくじ1 | 影響するのは26台のアヴェンタドールSVJ/アヴェンタドールSVJロードスター |1.1 自動車の組み立てには様々な責任が伴う1.2 他にはこんな「レア」なリコールも | 影響 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f