>アウディ(Audi) >ランボルギーニ(Lamborghini)

港区モテ女子の考えるランボルギーニオーナー、アウディオーナーはこんな人物!ランボオーナーは「ウェーイ系」「数珠みたいなブレス」「突然、重い話をする」

投稿日:2021/01/02 更新日:

女性がランボルギーニオーナーに対して抱く印象

| 意外と当たっているような気もする |

さて、CLASSY.にて連載されている「クルマ男子」シリーズ。

前回は「ポルシェ男子のイメージは”優しい””パテックフィリップ””育ちがいい””良識がある””エストネーションのセットアップ”」、そして「ゲレンデ男子イメージは”若くてオシャレ””ロゴ入りハイブランドの服が好き””細マッチョ””成功した実業家”」という分析がなされている、という記事を紹介しています。

今回は「アウディ男子」「ランボルギーニ男子」についてCLASSY.があたらしく記事を投稿しており、いったいそれらのクルマのオーナーがどういった印象を持たれているのかを見てみましょう。

ちなみにクルマ男子を斬るのは百戦錬磨の港区女子です。

女性から見た、ポルシェ911カレラのオーナー像
女性から見たポルシェオーナーはこんなイメージらしいぞ!「品が良くて優しい」「良識がある」「腕時計はパテックフィリップ」「エストネーションのセットアップ」

この記事のもくじ1 | なお、メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)オーナーは「成功した経営者男子」という印象 |2 港区女子はポルシェのオーナーにこんなイメージを抱いている2.1 ポルシェ911カレ ...

続きを見る

アウディ男子はこういった印象を持たれている

そこで港区女子の抱くアウディ男子の印象ですが、要約するとこんな感じ。

アウディはあまりに完璧でスタイリッシュなクルマであり、ぼくも正直これとおおよそ同じイメージを持っています(ぼくはこれまでアウディを2台購入したが、ぼくはこのイメージとは程遠い)。

港区女子の持つアウディ男子のイメージ

  • オシャレでハンサム
  • 金融マン
  • ゴルフがうまい
  • 安定感とバランス感がすごい
  • 文武両道、成績オール5男子
  • エストネーションかバーニーズ
  • 時計はロレックス・デイトナ

1-7

アウディ男子とのデートファッションは?

そこでCLASSY.がいつも提案するのが、そういったクルマ男子とデートするならばという女子向けのおすすめファッション。

港区女子によると、正統派ワンピースにジャケット「肩掛け」。

ワンピースの丈はロング、カラーは女性らしいニュアンスで、ジャケットはベーシック。

ヒール付きパンプスがおすすめとのこと。

このアウディオーナーにしてこの女性の組み合わせはあまりに「完璧」ではありますが、そこがアウディらしいところなのだと思います。

2-10

ランボルギーニ男子はこういった印象を持たれている

そして次はランボルギーニ男子。

港区のモテ女子にはこういった印象を持たれているようですが、なんとなくこういった人も多いような、そうでもないような気もしますね。

なお、現在ランボルギーニはフォルクスワーゲングループ傘下にあり、アウディとの共通性が高いモデルも見られますが、そういった関係なのか「アウディのオーナーっぽい」雰囲気を持つ人も増えたように思います。

港区女子の持つランボルギーニ男子のイメージ

  • ベタ踏み加速自慢をする
  • 空気を読めない
  • 性格のクセが強い
  • ファッションの抜け感がない
  • 美容外科系医師
  • 審美系歯科医
  • 上場企業の社長
  • 色黒で陽キャ
  • ウェーイ
  • 風水とか神社が好き
  • 突然、重い話をする
  • 数珠っぽい天然石のブレスレットをつけている

1-11

ランボルギーニ男子とのデートファッションは?

そこで港区女子の考えるランボルギーニ男子とのデートファッションについて、「わかりやすく女っぽい服」「若い子が背伸びして大人っぽく見せるような服」「ピチピチなニット(トップ)」「タイトなレースのスカート」「ハイブランドのバッグ」「ピンヒール」。

ナルホドと思ったりしますが、ぼくは声を大にして言いたい。

JUN
そんなファッションじゃランボルギーニには乗り降りできなくってよ!

ただ、さすがに港区女子だけあって「車高が低すぎて、高いヒールで車から出るのに非常に強靭な体幹が必要」だとも述べており(実際に乗り降りした人でないとこれはわからない)、乗降時には「ドアの開閉は男子にしてもらってエスコートしてもらう」のがオススメだとも。

これについてはクルマに対する(壊さないようにという)配慮も含まれているようで、たしかに「こっちにドアの開閉は任せて欲しい」と思うこともあります。

これらの「アウディ、ランボルギーニオーナーの印象」は特定人物によってもたらされたものであることは否定できないと思いますが、内容を見る限りでは「妄想」ではなく、実際に経験した内容から判断がなされているようですね。

参照:CLASSY.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5