>ポルシェ(Porsche) ■プレスリリース

ポルシェが2020年には日本国内にて過去最高の7,284台を登録し、「11年連続での成長」を記録したと発表!新型911が人気

投稿日:

ポルシェ911(992)

| ポルシェはこの11年、一度たりとも販売を落としてなかった |

さて、ポルシェが日本国内の新車登録台数において、過去最高の7,284台を記録した、と発表。

この記録の立役者は「911」シリーズを中心とした2ドアスポーツカー、そしてクーペ版が追加された「カイエン」だとされています。

なお、新型911(992)の人気は非常に高く、高い生産能力を誇るポルシェにしては珍しく「ウェイティングリスト」が発生しているようですね。

参考までに、日本国内における登録台数の変遷は下記の通り。

2020年には「過去最高」に加え、「11年連続で前年超え」というとてつもない記録を達成したということになります。

ポルシェの国内登録台数

  • 2009年・・・3,214台
  • 2010年・・・3,335台
  • 2011年・・・3,658台
  • 2012年・・・4,661台
  • 2013年・・・4869台
  • 2014年・・・5,385台
  • 2015年・・・6,690台
  • 2016年・・・6,887台
  • 2017年・・・6923台
  • 2018年・・・7,166台
  • 2019年・・・7192台
  • 2020年・・・7,284台

ポルシェからのプレスリリースはこちら

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、ポルシェの日本国内における2020年新規登録台数が、過去最高の7,284台(2019年:7,192台)となったことを発表しました。これによりポルシェは、日本の自動車市場で過去最高の台数を記録すると同時に11年連続で新規登録台数が増加しました。<数値は日本自動車輸入組合 調べ>

新規登録台数増加の主な要因として、2019年7月にフルモデルチェンジした「911」を中心に2ドアスポーツカーが好調であったこと、さらに同年4月よりクーペバージョンの予約受注を開始したSUVモデル「カイエン」の貢献が挙げられます。

参照:NIKKEI PRESS RELEASE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f