>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ(Lamborghini)

あの「ウルスに似すぎて」ランボルギーニ本社から警告を受けていたハリアー用エアロキットが再デザインされて登場!これでたぶん大丈夫なハズ

投稿日:

アルバーモ製、トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルスに変更するキット

| さすがに以前のバージョンをランボルギーニは看過しないだろう |

さて、以前にトヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするキットを発売したことで大きな話題を呼んだアルバーモ。

ただしその後はさすがにランボルギーニも黙っておらず、アルバーモは「ランボルギーニから指摘を受けた」として自社のサイト、インスタグラム、FacebookなどすべてのSNSからその画像やコンテンツを削除しており、「あらためてデザインの調整を行う」という告知を行うという事態となっていたわけですね。

プリウスをフェラーリ風に、ハリアーやライズをランボルギーニ風にカスタムしたアルバーモ。さすがにタダでは済まされず、すべてが「無かったこと」に

この記事のもくじ1 | レプリカやパクリでのお金儲けは許されない |1.1 やはりタダでは済まされなかったか1.2 ハイブランドはブランドイメージを守らねばならない2 合わせて読みたい、関連投稿 |  ...

続きを見る

東京オートサロンとともにアルバーモの「ウルス」コンバージョンが復活

しかしながらアルバーモとてこれまで注目を集めていたということもあり、せっかくのチャンスをみすみす逃がすようなことはせず、今回東京オートサロン(バーチャル)の開催にあわせて新デザインのエアロキットを発表しています。

1

この画像を見るに、たしかに「ウルスには見えない」模様。

3

とくに「問題」になったと思われるフロントバンパーは完全に再デザインされていますね。

4

ただしフェンダーアーチ上のモールは以前と変わっていないようにも見え、しかしこれはさほど問題とならないのかも。

構成パーツとしてはフロントバンパー(168,000円)、リアバンパー ロアー(82,000)、バックドアウイング(48,000円)、フェンダーマフラー(64,000円)という内容です。

7

リアにはなんとセンターマフラー(5ZIGEN製、146,000円)。

なお、リアセクションはもともとウルスとはさほど近くはなく、こちらは以前のデザインをそのままキャリーオーバーしているようにも見えますね。

8

以前のウルス「コンバージョンキット」はこうだった

そしてこちらは以前にアルバーモが公開していたランボルギーニ・ウルス風コンバージョンキット。

さすがにこれはヤバいだろう、と当寺から話題となっていますが、「案の定」な結果となっています。

似すぎでヤバい!トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするボディキットが登場予定

この記事のもくじ1 | 今までに発表された「ランボルギーニ・ウルスへのコンバージョンキット」では一番それっぽい |1.1 それほどあるのかコンバート需要1.2 ほかにもアルバーモはこんな製品をリリース ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

なお、アルバーモは「トヨタ・プリウスをフェラーリっぽく」コンバートするキットも発売していましたが、そちらの情報も一切削除されており、もしかするとフェラーリからも警告を受けていたのかもしれません。

まさかの日本から!トヨタRAV4をランボルギーニ風、プリウスをフェラーリ風にコンバートするボディキットが登場したぞ!

この記事のもくじ1 | その発想は完全になかった |1.1 その名は「X51」1.2 それだけじゃない、フェラーリも1.3 日本では「コピー品」のマーケットは小さい | その発想は完全になかった | ...

続きを見る

マツダCX-5がマセラティ・レヴァンテっぽくなる!富山のクライメイトより”ヒゲ風デザイン”が特徴なエアロキットが登場

| 今回はむしろオフローダーっぽくないエアロキット | 富山にてアルミホイールやエアロパーツの製造販売を行うクライメイト。これまでにもトヨタ・ランドクルーザー/ハリアー/C-HR、レクサスNX300/ ...

続きを見る

参照:Albermo, Tokyo Auto Salon

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f