ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

まさかのフェラーリF40を「ローライダー」に!1970年代風カスタムが施された秀逸なレンダリングが公開

投稿日:2021/01/30 更新日:

フェラーリF40のローライダー風カスタム

| このローライダー風カスタムは今見るとむしろ新鮮だ |

さて、フェラーリF40といえばもはや伝説になってしまったスーパーカーですが、そのフェラーリF40を「1970年代後半に流行ったローライダー」風にバーチャルカスタムしたアーティストが登場(日本では、1980~1990年代のヒップホップブームとともに流行した)。

その出来栄えは秀逸としか言いようがなく、細部にまでこだわった内容となっています。

フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみよう

|信じられないが、ボディカラーはレッドしか選べなかった | フェラーリがF40の30周年を記念したコンテンツを公開。 F40はスチールのフレームにV8ツインターボエンジンを搭載しコンポジット製のボディ ...

続きを見る

ローライダー風フェラーリF40はこうなっている

そしてこの画像を見るに、まさに「ローライダー」。

リボン付きタイヤにワイヤースポーク風ホイール+ホイールスピナー、もちろん極限までのローダウン。

フロントのホイールハウス後ろ側には「ヒゲ」のようなパーツも装着されています(このパーツの名前や意味も知らないけど、なぜか当時はこういったパーツが装着されていた)。

Ferrari-F40-Lowrider (5)

インテリアも抜かりなく、70年代風の生地が用いられたり、ステアリングホイールが「ラメ」に。

Ferrari-F40-Lowrider (2)

ダッシュボードにはダイヤモンドステッチ、そして立体的な文字のパネル。

このパネルはなんと呼ぶのか知りませんが、ダッシュボードやリヤトレイに取り付けている人を見かけますね(これはそのままヒップホップ系カスタムにも受け継がれたようだ)。

「チェーン」を模したステアリングホイールなんかも人気があったと思います。

Ferrari-F40-Lowrider (7)

エンジンルーム内にもラメ。

それにしても、このペイントのこだわりようには驚かされますね(しかし実際、当時はこういったペイントが多かった)。

ドアのサッシュ、エンジンルーム内のパーツがカーボンファイバー風のテクスチャとなっているのは「今風」で、その対比も面白いと思います。

Ferrari-F40-Lowrider (4)

正直、なかなかにカッコいいんじゃないか?と思います。

Ferrari-F40-Lowrider (8)

「ローライダーマガジン」はいずこに

そしてこちらは「ローライダーマガジン」を意識して作成された一枚。

Ferrari-F40-Lowrider (6)

このローライダーマガジンは日本でも刊行されていて、ハーレーダビッドソン専門誌「VIBES」とともにセクシーなお姉さんを起用した表紙にて知られ、書店の自動車コーナーではひときわ異彩を放っていたことが思い出されます(ぼくは書店パトロールが趣味だった。今ではネットパトロールに変わったけど)。

そしていつしかその表紙も見かけることがなくなり、「休刊したんだろうな」とは考えていたものの、あらためて調べてみると、どうやら2010年6月号でその生涯を閉じたようですね(合掌。ただしVIBESはまだ健在である)。※Googleからエロ判定を受けたので、一部モザイクを入れた画像に差し替えています

50886345363_e3f6664063_o

アメリカには本当にフェラーリをローライダー風にカスタムした男がいた

ただ、世界は広いもので、当時本当にフェラーリをローライダーにカスタムした人も存在。

その人とはクラシックカーのカスタムや珍車カスタムを得意とするジョージ・バリス氏で、当時(1978年)にフェラーリ308GTSをこんな感じにカスタムしています。

こんなフェラーリ見たこと無い。有名カスタムビルダーがアメリカンに仕上げた308GTSが販売に

| フェラーリ308は現在「要注目」車種 |この記事のもくじ| フェラーリ308は現在「要注目」車種 |あわせて読みたい、関連投稿こんな記事も読まれています アメリカの有名なクラシックカー・カスタマイ ...

続きを見る

参考までに、こういった「ローライダー」を意識したわけではないと思われるものの、「ゴールドの外装にブラウンのインテリア」を持つポルシェ959(ポルシェが中東からのオーダーを受けてじきじきに製造した)も存在します。

中東には、当時ポルシェ959を「7台以上」注文したシークがいた!そのうちの2台がポルシェミュージアムに展示中

| オイルマネーは羨ましい限り | 1986年に発表されたポルシェ959。当時のポルシェが持つ「技術の粋」を集めたクルマであり、発表当時は「もっともパワフルなポルシェ(450馬力)」そして「世界で最も ...

続きを見る

参照:Abimelec Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5