ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■近況について

まだまだ投資においては学ぶことが多そうだ!今回のNY市場の下げではたった3日で3000万円を飛ばし、ボクは何もできなかった(しなかった)

投稿日:

トヨタ・メガウェブ

| さすがに持ってる株が全て下がって凹んだが、ピンチをチャンスに変えるべきだった |

さて、先週末にズルズルと下げてしまったNY株式市場。

その下がり方は「ちょっと嫌な」もので、コロナウイルスの再拡大やロビンフッド問題など複数が絡んでおり、とくにロビンフッドについてはなんとも判断が難しく、もしかすると問題が長期化する(そして断続的にNYが下げ続ける)かもしれないと考えたわけですね。

そういったこともあり、この1年は「下がったら買う」と繰り返していたぼくも、今回ばかりは「様子見」を決め込んでいたワケです。

3日で3000万円が消し飛んだ

そして、その背景には「下げた3日で、ぼくの資産が3000万円も吹っ飛んだ」ということも絡んでいて、さすがにこの状況でさらに資金を投下する気にはなれなかったということもあります(正確に言えば、買うべきだとわかっていたのに動けなかった)。

ただ、昨日のNY株式市場では多くの銘柄が値上がりしていて、「その数日前には3000万円(ランボルギーニ・ウラカン一台分)吹っ飛んだものの、一日後にはそのうち2700万円が戻ってきた」計算に。

ここでいつも思うのが、仮に「下がる直前(木曜日)に株を全部売り払い、ボトムだった月曜日に同じ銘柄を買い戻していれば、5700万円(ランボルギーニ・アヴェンタドール一台分)稼げた」という机上の空論。

ただし現実的にぼくは先週~今週と「売り」も「買い」もしていないため、3000万円下がって2700円戻したことで「差し引き300万円のマイナス」にとどまっており、大きな儲けのチャンスを失ったばかりか損失も出してしまったということになります。

もしくは、下がる直前に売らず、しかし月曜日に下がった株を思いっきり買いまくるだけでも(火曜日には)相当な値上がり益を得たはずだと考えることも可能です。

ドバイモール

そこで得られる教訓は

ここで重要なのは「タラレバ」を論じて後悔することではなく、「動いていればチャンスがあったのに、それをフイにした」自分を責めることと、同じ過ちを繰り返さないよう、これを胸に刻むこと。

しかしながら「含み益が大きく下がっているときに、さらに買い増す」のは相当に強靭なメンタルが必要であり、過去にも同様の、もしくはそれ以上の失敗を繰り返していながらも、なかなか学べない自分もいるわけですね(それでも少しは進歩していて、瞬間的な下げに対しては買いを入れる習慣はついた)。

そして、いかに株価が下がったとしても、そして苦しい決断がすべて自分の責任になるとしても、たとえば「会社務めをして、やりたくないことをやっていたり、人間関係に苦労したり、嫌な上司の言うことを聞かなくてはならなかったり」するよりは何万倍もいい、とぼくは考えているわけですね(何もかも直接自分に跳ね返ってくるほうが、あきらめがつく)。

ポルシェ911
「普通、こんなときに買いませんよ」。それでもボクが暴落時に株を買うのは「ポルシェ911の運転と株式取引は同じだ」と思うから

さて、テスラの株価が最高値を更新しており、現在ぼくの含み資産もこれまでに見たことがないほどの額へ。実際のところぼくはそれほど熱心な投資家ではなく、かつ頻繁に売買するほどの時間も取れないので、「長期的に ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

TOYOTA(トヨタ)C-HR
さよならボクのトヨタ。トヨタからテスラに乗り換えた。やっぱり株の話だけど

| ボクはやっぱり内燃機関採用のクルマの将来に対して悲観的だ |この記事のもくじ| ボクはやっぱり内燃機関採用のクルマの将来に対して悲観的だ |ボクはトヨタ株が上がると考えた株は「働く」よりも効率がい ...

続きを見る

シャネルの腕時計、J12
リスク覚悟で人生最高額をテスラ株に投じることにした!このまま株価が上がればハイパーカー購入も夢じゃない

| これまでテスラ株で出した利益を考えると、ここから買ったテスラ株がいかに下がったとしても赤字は出ない |この記事のもくじ| これまでテスラ株で出した利益を考えると、ここから買ったテスラ株がいかに下が ...

続きを見る

アップルカー(iCar)
やはりアップルとヒュンダイとの提携は「本当」のようだ!提携に関するコメントを取り消すも株価は2日目も上昇中、「2022年に試作車公開」という情報も

| ただし年産10万台とも言われ、ヒュンダイの業績に与える影響は大きくない |この記事のもくじ| ただし年産10万台とも言われ、ヒュンダイの業績に与える影響は大きくない |最新のウワサでは「アップルカ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■近況について
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5